EV普及を基盤とした環境対策および都市防災の実現に向け、リユースEVを自治体公用車として試験導入

 休日はEV公用車を市民向けにカーシェア

 

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼 CEO 守安 功、以下 DeNA)と株式会社CNホールティングス(本社:千葉県千葉市中央区、代表取締役社長:横田好之)は、千葉県市川市の環境対策および都市防災の実現に向け、リユースEV(中古車)の公用車導入を促進すると共に、休日は市民向けにカーシェアする取り組みを行います。CNホールディングスの傘下である千葉日産自動車株式会社および日産プリンス千葉販売株式会社は、休日にカーシェアを利用する市民に対して店舗営業時間内に充電サービスを無償で提供します。自治体、ITサービス事業者および地域の自動車販売会社の3者連携により、多くの市民にEVを体験してもらい、市民へのEV普及の促進を目指す取り組みを2021年1月16日(土)より開始します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■取り組みの背景

 地球温暖化対策やSDGsを背景として、ガソリン車から走行時に二酸化炭素を排出しないEVへの転換は大きな社会潮流となりつつあります。自治体や大手企業を中心にEVを導入するニーズが顕在化しており、災害時の非常用電源としてのEVにも期待が高まっています。また、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進による持続可能な生産・消費の変革も環境対策の重要な施策となっています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/603197/01_202101151218.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603197/02_202101151218.pdf