マクニカ、パーセプティンとコトバデザインと共同で「音声によるマイクロ・ロボットタクシー呼び出し」の社会実験を「平城宮跡歴史公園スマートチャレンジ」にて実施

 

 半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス/ソリューション・プロバイダーの株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、資本金111億94百万円)は、PerceptIn Japan合同会社(以下パーセプティン、本社所在地:香港、社長:Shaoshan Liu)と株式会社コトバデザイン(以下コトバデザイン、本社所在地:東京都渋谷区渋谷、代表取締役社長:古谷 利昭、資本金1億90百万円)と共同で、「音声によるマイクロ・ロボットタクシー呼び出し」の社会実験を、「平城宮跡歴史公園スマートチャレンジ」にて実施いたします。

 この「平城宮跡歴史公園スマートチャレンジ(平城宮跡PSC)」は、国土交通省の施策として、平城宮跡歴史公園(奈良県奈良市)で2019年より開始しています。この社会実験の結果等を踏まえ、公園サービスの充実を目指し、自動運転の実用化へ向け、奈良や日本各地のまちづくりにおけるマイクロ・ロボットタクシーの社会実装に取り組みます。

 昨年の「平城宮跡歴史公園スマートチャレンジ」において、マクニカはパーセプティンと共同で、来場者の回遊性の促進やアトラクションとしての集客力の検証及び商用サービスを提供するための運用面や技術面の課題抽出を目的に、自動運転のモビリティ実証実験を実施しました。その結果、社会実装に対する大きな期待が確認できた反面、いくつかの課題が明らかになりました。その一つは、路線バスのように時刻表に基づいて定められたルートを運行するのではなく、オンデマンドで利用できるモビリティサービスへのニーズが大きいものの、特にマイクロ・ロボットタクシーサービスのメインターゲットである高齢者にとって、スマートフォンのアプリでの呼び出し操作が難しいということでした。そこでこの度、コトバデザインの対話エージェントとの自然な会話で、誰でもが簡単に呼び出しができる仕組みを開発し、社会実験を実施することになりました。

 ※図は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach/603518/01_202101211045.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603518/02_202101211045.pdf