世界初、基地局の支持柱の内部に「ポリマテリアル」を充填する施工方法の開発に成功

〜工期が平均6日から約2時間になり、5Gネットワークの早期拡大に貢献〜

 

 ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、NEXTWAY株式会社(以下「NEXTWAY」)と共同で、5G基地局の整備において、アンテナなどの支持柱の内部に強度が高い複合素材「ポリマテリアル(R)」(※1)を使った製品(以下「ポリマテリアル」)を充填(じゅうてん)する施工方法(以下「本施工方法」)の開発に、世界で初めて(※2)成功しました。

 これまで5G基地局の投資コストを抑えながら早期にエリア拡大を進めるために、4G基地局などで使用している既設の支持柱を活用することを検討してきましたが、強度不足が課題でした。そこでNEXTWAYが開発した「ポリマテリアル」に注目し、2019年から共同で開発を進めてきました。

 本施工方法は、「ポリマテリアル」を既設の支持柱の内部に充填して剛性を強化することで、支持柱を新設せずに5Gのアンテナの増設を可能にする工法です。剛性が強化されることによって柱強度が平均1.37倍(最大2.0倍)になり、柱が屈曲することを防ぐとともに、補強用のプレートや接合部にかかる力を軽減できます。

 また、「ポリマテリアル」を支持柱の内部に充填する専用の施工用治具(以下「本治具」)も、共同で開発しました。本治具は先端ノズルと搬送ユニットで構成され、搬送ユニットに設置したモーターで「ポリマテリアル」を運び、支持柱の内部に充填するものです。これまで5Gのアンテナを増設する場合は、既存のアンテナを一度取り外し、支持柱を新しいものに交換してから5Gのアンテナを設置するという工事が必要でしたが、本治具を使うことで、施行作業は治具の組み立てと「ポリマテリアル」の充填、5Gのアンテナの設置だけとなり、工法の簡易化を図ることができました。これにより、従来の工法では平均6日かかっていた工期を約2時間へ大幅に短縮することが可能となり、施工コストも大きく削減できる見込みとなりました。

 ソフトバンクは、2021年1月から順次、5G基地局のアンテナの設置工事に本施工方法を導入する予定です。今後も5Gネットワークの早期拡大に向けて、引き続き検討を進めていきます。

 [注]

  ※1 芯材となるさまざまな素材に特殊塗料を塗布した複合素材。軽量でありながらも強度が高く、成形自由という特長を持つ。

  ※2 2021年1月22日時点(当社調べ)

■施工用治具イメージ

 *添付の関連資料を参照

■施工イメージ

 *添付の関連資料を参照

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

施工用治具イメージ

https://release.nikkei.co.jp/attach/603655/01_202101221446.jpg

施工イメージ

https://release.nikkei.co.jp/attach/603655/02_202101221446.jpg