【SGシステム】AIを活用したOCRプラットフォームサービス「Biz-AI×OCR」の提供を開始

 

 SGホールディングスグループにてIT統括事業を担うSGシステム株式会社は、AIを活用したクラウド型のOCR(Optical Character Recognition:光学的文字認識)プラットフォームサービス「Biz-AI×OCR」(※1)の提供を、2021年1月より開始しました。

■会社紹介

 SGシステムは、佐川急便をはじめとしたSGホールディングスグループの各システムの開発・設計、保守・運用といったシステムインテグレーション事業を中心に、物流ITのコンサルティング事業、総務・経理業務などのシェアード事業、代金引換サービスなどの決済事業、文書のイメージ化やテキストデータ化、コールセンターやバックオフィス業務といったBPO事業をグループ外のお客さまに対しても展開しています。

■実績

 SGシステムでは、佐川急便の配送伝票の入力業務を自動化するAI-OCR(AIを活用したOCR技術)をフューチャーアーキテクト株式会社(以下フューチャーアーキテクト)と共に開発し、作業時間を月間8,400時間短縮するなどグループ内の抜本的な改革を推進してまいりました。(※2)また、配送伝票だけではなく、AI-OCRを活用しグループの帳票入力業務を自動化するなど業務効率化に貢献してまいりました。

■提供を開始するサービス

 このたび提供を開始する「Biz-AI×OCR」は、SGシステムがグループ内で培ってきたノウハウを元に、AIの開発に強みを持つフューチャーアーキテクトと共同で開発、展開を行うものです。

■主な機能

 1.複数のAIエンジンを搭載しており、日本語・アルファベット・数字など文字種によって最適なAIエンジンを選択できるため、多種多様な伝票や帳票に対応

 2.搭載された汎用的なAIエンジンだけではなく、お客さま用に学習させた独自AIエンジンをプラットフォーム上に組み込んで提供することも可能であり、お客さまのさまざまなニーズに対応

 3.エントリー状況をリアルタイムで把握可能なポータル機能や、AIの判断の信頼度が低いものを表示することでエントリー業務を効率化する機能など、ユーザーにとって便利な機能を多数搭載

 (詳細は(※3)参照)

 *イメージ画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

イメージ画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/603927/01_202101271222.JPG

イメージ画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/603927/02_202101271222.JPG

イメージ画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach/603927/03_202101271222.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603927/04_202101271222.pdf