NeuroAIの仮想脳モデルの活用により、Twitter動画広告の効果向上に成功

〜従来比、再生率23.6%、いいね・リツイート率は35.3%向上〜

 

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)と株式会社NTTデータ経営研究所(以下:NTTデータ経営研究所)は、人間の脳活動を推定する技術 NeuroAI(注1)を利用し、Twitter Japan株式会社(以下:Twitter Japan)および株式会社NewsTV(注2)(以下:NewsTV)とともに、Twitterに配信する動画広告の効果向上を目指した共同研究を2020年6月から12月にかけて実施しました。

 本研究では、動画広告とTwitter上の広告効果データをNeuroAIで脳情報化・学習した「仮想脳モデル」を構築しました。これにより、多様な動画広告クリエイティブの効果シミュレーションを通して、より効果的な動画広告の制作ができるようになります。

 実際のシミュレーション内容を元に動画広告を制作し、Twitter上で配信した結果、従来の標準的な動画広告に比べ以下の効果向上を確認することができました。

 (1)動画広告の再生率が23.6%向上

 (2)動画広告のツイートに関するエンゲージメント(いいね・RT等)が35.3%向上

 この結果から、NeuroAIの仮想脳モデルを用いたシミュレーションによる広告動画制作の有効性が確認できました。

 今後NTTデータグループは、効果の高い動画広告制作を目指す企業に向けたトライアルサービスの提供を2021年2月より開始し、次世代広告最適化技術としての実用性を高めていきます。

【背景】

 昨今の動画広告市場はスマートフォンの普及とともに毎年1.5倍程度の成長を続けています(注3)。こうした中、無数にあふれる動画の中から、注目を集める動画広告の制作が大きな課題となっています。

 NTTデータグループでは、これまで定量化が困難であった動画・音楽などのクリエイティブ作品を、定量的に評価し改善に生かす技術として、人間の「脳」の活動に着目し、脳情報をシミュレーションするNeuroAIの研究・事業開発に取り組んできました(注4,5)。

 このNeuroAIを利用することで、デジタル広告の効果向上に貢献できるかを検証するため、全世界で1億8,700万にものぼるmDAU(収益化が可能なデイリーアクティブユーザー)を抱え、RT(リツイート)をはじめとした拡散力を持つTwitter社の協力も得て共同研究を行いました。

 ※以下は添付リリースを参照

 ※別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603937/01_202101271402.pdf

別紙:補足資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/603937/02_202101271402.pdf