三次元医療画像処理モデルを含む人工知能コレクションと人工知能モデルサービング機能の統合ソリューションを2021年2月から提供開始

 ‐「ClassCat(R) Eager-Brains Enterprise Editon」‐

 

 株式会社クラスキャット(代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市)は、三次元医療画像処理モデルを含む人工知能コレクションと人工知能モデルサービング機能を統合したソリューション新製品「ClassCat(R) Eager-Brains Enterprise Edition」を2月1日から提供開始することを発表致しました。

 本製品は深層学習フレームワーク TensorFlowとPyTorch 最新版をベースにする人工知能コレクションを軸に、企業ユースを想定したデータ・パイプラインやプロダクション配備のためのエコシステムをアレンジした、包括的な人工知能サービス提供プラットフォームです。動作環境はマルチクラウドに対応しています。

 「ClassCat(R) Eager-Brains Enterprise Editon」で提供される人工知能モデルはクラスキャットが検証した上で仕様を公開致しますので、ユーザ企業は様々なタスクに対応する人工知能コレクションの中から要件に適合するモデルを選択することが可能です。

 例として、以下のモデルが提供されます(モデルは随時追加されます):

  *画像処理‐画像分類、動画分類、物体検出、セグメンテーション・タスク

  *医療画像処理‐2D/3D画像分類、セグメンテーション・タスク

  *自然言語処理‐センチメント分析、テキスト要約、機械翻訳タスク

  *音声処理‐分類タスク

  *GAN(敵対的生成ネットワーク)‐画像生成タスク

  *強化学習

 特徴的なモデルは最先端の医療画像処理モデルです。標準形式 DICOMの他に、医療研究用のデータ形式であるNIfTIにも対応したデータパイプラインを装備しており、二次元/三次元画像の分類とセグメンテーション・タスクを効率良く遂行できます。

 ※DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)とNIfTI(Neuroimaging Informatics Technology Initiative)は医療画像用のデータ形式の仕様です。DICOMは標準仕様でNiFTIは主として研究目的で利用される仕様です。

 ◇以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/604199/01_202102011018.pdf