凸版印刷、リモートワークを支援する「IoA Work(TM)」を試験提供

5G通信と「IoA仮想テレポーテーション」技術を組み合わせてデジタルツイン・オフィスの構築を実現。

コクヨの新オフィス「THE CAMPUS」で一般公開

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、バーチャルとリアルを融合した新しい働き方を支援するサービス「IoA Work(TM)(ワーク)」を開発。2021年2月15日(月)より試験提供を開始します。

 「IoA Work(TM)」は、凸版印刷が持つ「IoA仮想テレポーテーション」(※1)技術を用いて利用者が、働き場所となるオフィスをリアル空間とデジタル空間から自由に選択し、新しいリモートワークの環境を提供するサービスです。

 本サービスは、コクヨ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:黒田 英邦、以下 コクヨ)が提供するパーソナルワークスペース「WORK POD(R)(ワークポッド)」(※2)を専用にカスタマイズした「IoA POD(TM)」で利用することが可能です。オフィスはデジタルツイン(※3)の概念を元に、凸版印刷が持つデジタルアーカイブ技術により、現実のオフィスと同様の「デジタルツイン・オフィス」がデジタル空間上に再現され、利用者は双方の空間に存在するアバター(利用者の分身)を行き来し、リモートワークを行うことができます。

 なお「IoA Work(TM)」は、コクヨがリニューアルオープンする自社ビル内の施設「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」(東京都港区)において、2021年2月15日(月)より一般公開します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■開発の背景

 新型コロナウイルス感染拡大防止のためリモートワークや、密集を回避する「新しい生活様式」が進む中、テレワークをメインにしたセンターオフィスのない職場が増えつつあります。また、テレワークを起因とするコミュニケーション不足や生産性の低下、在宅勤務者や取引先とのWeb会議が増えていることから周囲への音漏れや雑音による不快感の軽減に対応することが新たな課題となっています。

 このような課題に対し凸版印刷は、「IoA仮想テレポーテーション」技術と、5G通信を活用し、バーチャルとリアルを組み合わせた新たな働き方を支援する「IoA Work(TM)」の提供を開始します。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/605023/01_202102121225.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/605023/02_202102121225.pdf