NRIセキュア、ID管理・認証基盤ソリューション「Okta Identity Cloud」の導入支援サービスを提供開始

〜 IDやパスワードの管理負担を低減し、安全で快適なアプリ利用環境を実現 〜

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、米国Okta, Inc.[i]が開発・提供し、Okta Japan株式会社がリセラーを通じて国内で販売・サポートするクラウド型のID管理・認証基盤ソリューション「Okta Identity Cloud(オクタ アイデンティティ クラウド、以下「本製品」)」について、ライセンス販売および導入支援サービスの提供を、本日開始します。

 昨今、クラウドサービスやテレワークの普及に伴い、ゼロトラストモデル[ii]の採用を検討する企業が増加しています。ゼロトラストを自社のシステムに適用するうえで重要な3つのポイントは、「エンドポイント(端末)セキュリティ」「SASE」[iii]「IAM(ID/アクセス管理)」[iv]ですが、本製品は「IAM」部分の対策として導入される代表的なソリューションの一つです。

 本製品は、クラウドサービスやアプリケーションと連携することを想定して設計・開発されており、現在6,500以上の事前統合済みテンプレートが登録されています。そのため、複数のサービスに対して一つのIDでログインを行う「シングルサインオン」を利用中のサービスに簡単に実装でき、情報システム管理者はID統合基盤の複雑な設定の手間から解放され、導入完了までの時間も短縮することができます。

 また、「ライフサイクル管理機能」[v]を利用することで、本製品上で変更されたユーザ情報が、連携先のサービスにも自動的に反映されます。これにより、社員の入退社や異動によってユーザ情報に変更が生じても、情報システム管理者が各サービスに対して個別にユーザの追加や削除を行う必要がありません。本製品に関連して提供するサービスのおもなメニューは、以下の通りです。

■EIAM要件検討支援コンサルティングサービス

 ゼロトラストやクラウドのセキュリティにおいて重要な、ID管理・認証認可を専門とするスタッフが、導入企業が行うEIAM(企業におけるID/アクセス管理)の構想策定やシステム化計画を支援します。従業員一人ひとりの職責や所属に応じて、適切なアクセス権限の付与やID管理を行うためのコンサルティングサービスです。本製品の導入を検討していない場合でも、EIAMに課題を感じている企業に対しサービスを提供可能です。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/605572/01_202102241407.pdf