マイクロン、自動車安全アプリケーション向け低電力メモリを発表

 スマートで豊富なデータによるドライバー支援システム、自動ブレーキシステム、ドライバー警告システムを強化するソリューション

 アイダホ州ボイシ、2021年2月24日-Micron Technology,Inc.(Nasdaq:MU)は本日、業界初の車載用低電力DDR5 DRAM(LPDDR5)メモリのサンプリングを開始したことを発表しました。このメモリは、最も厳格な自動車安全水準(ASIL)であるASIL Dを満たすためのハードウェア評価が実施済みです。本ソリューションは、マイクロンのメモリとストレージ製品の新たなポートフォリオ( https://www.micron.com/Solutions/Automotive/Functional-Safety-for-Automotive )の一部であり、これらの製品は国際標準化機構のISO認証 26262に基づく自動車機能安全の達成を目指しています。

 マイクロンの機能安全評価済みDRAMは、適応型クルーズコントロール、自動緊急ブレーキシステム、車線逸脱警報、死角検知システムなどの先進運転支援システム(ADAS)技術と互換性があります。(1)マイクロンのLPDDR5は高性能かつ電力効率に優れ、レイテンシーが低いため、増加し続ける次世代の車載システムの帯域幅要件に対応するために必要な性能やレンジを提供できます。

 マイクロンの組み込み機器事業ユニットのコーポレートバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるクリス・バクスターは次のように述べています。「自律型車両は道路の安全性向上を約束しますが、過酷な環境においてリアルタイムでの判断を可能にする強力で信頼性の高いメモリを必要としています。成長を続ける市場のニーズを満たすために、当社は車載用LPDDR5を最適化し、未来の安全なスマートカーに最高の性能、品質、信頼性をもたらします」

 自動車の電子部品は安全性にとって不可欠なため、自動車メーカーは、誤作動の発生時にリスクを緩和する仕組みを求める厳格な機能安全標準を満たす必要があります。マイクロンでは、機能安全の重要性が高まっていることを認識し、安全な車載システムを設計するために必要なメモリ要件について、顧客と協同する専門の部署を設立しました。顧客が複雑なコンプライアンス義務に円滑に対応できるよう、この部署が先導して安全アプリケーションメモ、および業界初のサプライヤーによるDRAMハードウェア評価レポートと共に、LPDDR5の提供を開始しました。加えて、マイクロンのハードウェア評価は、自動車の安全性の専門家として有名なexida( https://www.exida.com/ )が独自に評価・検証を実施しました。この厳格な評価を社内に取り入れることで、マイクロンはシステムデザインを簡素化するとともに、自動車業界の顧客向けに市場投入時間の短縮を実現しました。

 1 システムインテグレーターの評価による

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/605696/01_202102261147.pdf