キーサイトの64 G Baudビット・エラー・レシオ・テスターが、PCIe 4.0テクノロジーのコンプライアンステスト測定でPCI-SIGの承認を獲得

 PCle 5.0テストと新しいPCle 6.0規格のパスファインディングをサポート

 ※米国時間2021年3月17日にキーサイト・テクノロジーズ・インクが発表したニュースリリースを、キーサイト・テクノロジー株式会社が和訳・要約したものです。

 東京、2021年4月8日発

 イノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界を実現する高度な設計と検証ソリューションを提供する、キーサイト・テクノロジーズ・インク(CEO:ロン・ネルセシアン、米国カリフォルニア州サンタローザ、NYSE:KEYS、日本法人:キーサイト・テクノロジー株式会社、以下「キーサイト」)は、当社のM8040A 64 G baud高性能ビット・エラー・レシオ・テスター(BERT)( https://www.keysight.com/ja/pd-2694474-pn-M8040A/64-gbaud-high-performance-bert?cc=JP&lc=jpn )が、16ギガトランスファー/秒(GT/s)および8 GT/sでPCI Express 4.0(PCle Gen4)のコンプライアンステスト測定器として、PCI-SIG( https://pcisig.com/ )に承認されたことを発表しました。キーサイトは、PCle 4.0およびPCle 3.0テクノロジーで、PCI-SIGから2つのBERTシステム( https://www.keysight.com/jp/ja/products/bit-error-ratio-testers.html )の承認を受けた唯一のテストベンダーです。

 シリアルバステクノロジーの高速化と帯域幅の拡大に伴い、テスト機器ベンダーは、最先端の技術を超えたテストツールを提供する必要に迫られています。キーサイトのBERTシステムは、高速通信とマルチギガビットのデジタルインタフェースの正確な物理層設計検証を可能にします。キーサイトのM8040A 64 G baud(ギガボー)高性能BERTは、PCle 5.0(32 GT/s)のテストが可能なPCI-SIGから承認を受けた唯一のPCle 4.0用レシーバーテストBERTであり、新しいPCle 6.0(64 GT/s)の速度に対するパスファインディング(定義された一連のシステムパラメーターと目標に対して、さまざまな技術的アプローチを評価し、設計上の選択肢を選ぶプロセス)を可能にします。

 PCI-SIGの会長であるAl Yanes氏は、次のように述べています。「PCI-SIGは、公式ワークショップでメンバーに効果的なコンプライアンステストを提供するために、キーサイトが主要テストベンダーとして参加してくれることを非常に嬉しく思っています。私たちはテストイベントに関わる時間、労力、費用に感謝するとともに、キーサイトがSIGの活動を継続的にサポートしていること、特に公式なコンプライアンステストに使用される機器として承認を取得されたことを評価しています。」

 *以下は添付リリースを参照

 *参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/608198/01_202104081052.pdf

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/608198/02_202104081052.png