スマートファクトリーの実現に向けて、富士通小山工場がAzure IoT EdgeとHoloLens 2を導入

 日本マイクロソフト株式会社は、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長;時田 隆仁、以下 富士通)が、先端技術を活用したスマートファクトリーの実現に向けて、同社のネットワーク機器製造拠点である小山工場(所在地:栃木県小山市)で2021年3月30日に開始したローカル5Gとエッジコンピューティングを統合したシステムにおいて、「Azure IoT Edge」と、「Microsoft HoloLens 2」が採用されたことを発表します。

 富士通は、現場作業の自動化や遠隔支援など業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として、小山工場の様々な業務をローカル5Gシステム上に構築し、先端技術を活用したスマートファクトリーの検証を進めることで、2021年度内に製造業向けのサービス提供を目指しています。

 本プロジェクトにおいて、以下のマイクロソフト テクノロジが導入されています。

 ●工場内に設置した多数の高精細4Kカメラで撮影した製品や作業などの映像を高速伝送するエッジコンピューティング環境:Azure IoT Edge

 ●MR(Mixed Reality、複合現実)による作業トレーニングや遠隔支援:HoloLens 2

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 現場作業のトレーニングや遠隔支援では、工場内のエッジコンピューティング環境で製品の3Dモデルを作成し、HoloLens 2にその3Dモデルと作業指示を映し出しながら、熟練者や開発者が遠隔から現場の作業者を指導・支援します。ローカル5Gの活用により、HoloLens 2への大容量データの描画をリアルタイムに行うことができ、遠隔からの作業指導や支援の効率化が期待されます。

 ※参考画像(2)・(3)は添付の関連資料を参照

 日本マイクロソフトは、Microsoft AzureやHoloLens 2などのテクノロジを通じて、富士通の取り組みを支援していきます。

■参考:

 ・富士通、自社工場において現場作業の自動化や遠隔支援を行うローカル5Gシステムを運用開始( https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/03/30.html )

 ・製造現場における、ローカル5Gを活用したエッジソリューション( https://www.fujitsu.com/jp/services/local5g/partnership/usecase/micorsoft-edge-usecase/ )

 ・Microsoft Azure IoT Edge( https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/iot-edge/ )

 ・Microsoft HoloLens 2( https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/hololens/default.aspx )

 本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/608825/01_202104161648.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/608825/02_202104161648.JPG

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach/608825/03_202104161648.JPG