RPAツール WinActor(R)Ver.7.2.1 を販売開始

ひな型ファイルからのシナリオ自動生成機能を搭載!

〜業務分析・可視化ツールと組み合わせたシナリオ作成でRPA導入効果を向上〜

 NTT アドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、RPAツール WinActor の最新版 Ver.7.2.1 を4月19日から販売開始します。

 業務全体の最適化に向けて、一連の業務プロセスを分析・可視化し、RPAによる自動化領域を明確に定めることがRPA導入効果をさらに高めることにつながるため、BPM・BPRツールなどの業務分析・可視化のツール(以下、業務分析ツール)の需要が高まっています。

 一般的に業務分析ツールによるレポートの記述レベル(粒度)が人の作業単位であるのに対し、RPAによる自動化シナリオ作成時にはより細かいPC操作の記述レベルが必要となることから、専門家や業務内容を熟知した担当者が、レポートを分析しRPAシナリオで必要な記述レベルに変換する形でシナリオを開発する必要がありました。この問題の解決に向け、このたび販売開始するVer.7.2.1では、表形式(Microsoft ExcelやCSV)にPCの操作手順を記載した所定の“シナリオひな型ファイル”からWinActorシナリオのベースを自動生成する機能を提供いたします。業務分析ツールのレポートを“シナリオひな型ファイル”の記述レベルに近いものとすることで両者のギャップを埋めることができ、業務分析レポートからWinActorシナリオを半自動生成することが可能となり、さらに連携の可能性が広がります。

 さらに、これまでユーザーから要望の多かったMicrosoft 365 Web版のOfficeやGoogle Workspaceのアプリケーション(ドライブ、スプレッドシート)をブラウザで操作する機能およびMicrosoft OneDrive上に格納されたExcelファイルを操作する機能を提供し、業務での利用シーンが増えているSaaSやクラウドサービスとの連携をより一層強化しました。

 WinActorは発売以来、現場の担当者が使いこなせる「現場フレンドリー」なRPAを追求してまいりました。最新版Ver.7.2.1の新機能により、RPA導入効果を飛躍的に高め、幅広い利用シーンにおいて最適な自動化環境をご利用いただくことが可能になりました。新しいWinActorは高度化・多様化するお客様のビジネス環境に最適な自動化を提供するとともに、AIなどの技術を組み合わせて、ニューノーマル時代において求められるお客様の新たなDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し業務効率化に一層貢献してまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/608895/01_202104191505.pdf