Tmaxsoft社、米マイクロソフト社と同社クラウドサービス「Microsoft Azure」を通じた業務提携を発表!

〜市場最高クラスのメインフレーム移行ソリューションをユーザ企業に提供!〜

 リホスト・ソリューション、各種ミドルウェア等のプロバイダである日本ティ—マックスソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:早水 光祥、以下日本TmaxSoft)は、親会社の韓国TmaxSoft社のグローバル本社(米イリノイ州シカゴ)が、米マイクロソフト社(米ワシントン州シアトル、以下米Microsoft社)と、同社のクラウドサービス「Microsoft Azure(アズール)」を通じた業務提携を行いますことを発表いたします。

 日本では日本TmaxSoftが「OpenFrame」を提供しており、日本市場における両社の協業を推進していきます。

 リホスト・ソリューション「OpenFrame」をはじめ、数々のメインフレームのモダナイゼーション・ソリューションを提供するグローバル ソフトウェア・イノベータであるTmaxSoft社は、米Microsoft社と同社の「Azure」を通じたパートナーシップを発表し、「OpenFrame」を「Microsoft Azure」上にデプロイ(※1)しました。

 「OpenFrame」は、メインフレームのアプリケーション・リソース・データを、基盤となるビジネスロジックを変更することがなく、クラウドなどの高パフォーマンスのオープン システムに移行できるようにするソリューションです。

 「Microsoft Azure」は、アプリケーションとサービスの構築、テスト、デプロイ、および管理を行うクラウド コンピューティング サービスです。「Microsoft Azure」にデプロイされた「OpenFrame」は、クライアントのメインフレーム・ワークロード要件に基づいて柔軟にデプロイ(※1)を行います。

 最近のベンチマーク調査では、「Microsoft Azure」上の「OpenFrame」は「IBM System Z」シリーズのメインフレームよりも優れたパフォーマンスを発揮(※2)し、コストも大幅に削減(※2)されました。「Microsoft Azure」で実行すると、「OpenFrame」は数千のMIPS(1秒あたり、100万の指示)(※2)に相当するものを提供できます。

 「OpenFrame」は、モノリシック(一枚岩の)・アーキテクチャからクラウド対応の多層アーキテクチャに既存のメインフレームをモダナイズします。オープン・システムへのデプロイメント用の仮想化環境とコンテナの両方をサポートします。「OpenFrame」は、1秒あたりのトランザクション数が多く、100,000MIPSを超える規模に拡張できる展開をサポートします。

 「Microsoft Azure」の「OpenFrame」に移行したメインフレーム・ワークロードは、レガシーアプリケーション、プロセス、およびインフラストラクチャのモダナイゼーションをサポートする低リスクで価値の高い戦略を提供します。「OpenFrame」と「Microsoft Azure」を組み合わせることで、十分にテストされた事前統合されたメインフレーム移行ソリューションが提供され、お客様はメインフレームからクラウドに移行できる移行期間を12か月以内にすることが可能となります。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/608941/01_202104201043.pdf