個人と企業が互いの成長に貢献し合う関係性の社会実装を目指す「キャリアオーナーシップとはたらく未来コンソーシアム」を発足

キャリアオーナーシップ人材を活用し、企業の中長期的な成長を生み出していく企業8社による異業種横断プロジェクトが始動

 キリンホールディングス株式会社、KDDI株式会社、コクヨ株式会社、富士通株式会社、パーソルキャリア株式会社、三井情報株式会社、ヤフー株式会社、株式会社LIFULLの8社は、「キャリアオーナーシップとはたらく未来コンソーシアム」を、2021年4月20日(火曜日)に発足しました。

 本コンソーシアムでは、「個人の主体的なキャリア形成が、企業の持続的な成長につながる」という考えの下、業種や業界を越えて「はたらく個人と企業の新しい関係」を模索する企業が集まり、「キャリアオーナーシップ人材を活用し、企業の中長期的な成長を生み出していくには、どうしていくべきか?」という問いについて、議論・実践・検証を行い、各社内および社会に対して提言をしていきます。

 コンソーシアムの顧問・ファシリテーターに田中 研之輔 法政大学キャリアデザイン学部・大学院教授が就任。8社が発足メンバー企業として参画し、企業と個人の成長を両立させるための議論や提言、参画企業間の副業による人材の越境体験といった個人の主体的なキャリア形成をサポートする実践・検証を行います。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

○発足背景に代えて:「キャリアオーナーシップとはたらく未来コンソーシアム」発足宣言文

■キャリアオーナーシップが、社会を動かす。

 人生100年時代の中、年功序列や終身雇用が限界を迎え始め「はたらく」をとりまく社会環境は激変しています。これまでのような画一的な働き方ではなく、多様な個人のニーズに対応した、働き方や人材育成、雇用モデルの変革は、もはや日本社会において待ったなしの必須課題となっています。

 こうした状況の中で、一人ひとりの個人が、自律的に成長し続けるために不可欠なのが「キャリアオーナーシップ」。はたらく個人の力を最大化させ、社会の力にするために、企業は個人とどう向き合い、新たな関係性をつくっていくべきなのか?まだ答えのない問いに対し、先駆的に取り組む企業が自ら実践・実証し、企業と個人の持続的な成長を実現する「はたらく未来」を模索していくのが本コンソーシアムです。

 2021年4月20日

 「キャリアオーナーシップとはたらく未来コンソーシアム」参画企業一同

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/608949/01_202104201113.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/608949/02_202104201113.pdf