デジサート、最先端の「PKI 管理プラットフォーム」

DigiCert(R)ONEを日本市場に導入

--日本国内の新データセンターより提供開始、コンテナベースのクラウドアーキテクチャーにより、様々なPKI利用へ素早い提供を実現ー--

 米デジサート・インク(本社:ユタ州リーハイ、代表者:ジョン・メリル(John Merrill)、CEO、非公開企業、以下デジサート)の日本法人、デジサート・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表者:カントリーマネージャー 平岩 義正)は本日、既に米国、その他の地域において、2020年より提供してきました最先端のPKI管理プラットフォームである「DigiCert(R)ONE」(デジサート・ワン)を、日本市場において提供開始することを発表しました。同製品は、デジサート日本法人、及び提携パートナーから日本市場の法人顧客向けに提供されます。

 「DigiCert(R)ONE」はPKI管理への最新、かつ総合的なアプローチで、高度なコンテナベースのクラウドネイティブ設計に基づき構築されており、継続的インテグレーション(CI),継続的デリバリー(CD)を実現する、最先端のPKI管理プラットフォームです。「DigiCert(R)ONE」は、当社がホストするサービスでの利用以外に、顧客がDigiCert ONE自体を任意のロケーションにホストすることにも対応し、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド、エアギャップ(*)などの環境下で稼働し、最新のコンテナベースのクラウドネイティブアーキテクチャーにより極めて拡張性が高く、セットアップも迅速で、現在の環境の規模や構成を問わず、これまで数週間かかっていた立ち上げ時間が最短で数時間に短縮されます。この短期間の実装は、複雑な作業やコンサルタント費用、標準統合プロセスなしで、確実に証明書を(数万もの証明書をほぼ同時に)発行して管理することができます。

 *エアギャップ:コンピュータネットワークにおいてセキュリティを高める方法の一つ。安全にしたいコンピュータやネットワークを、インターネットや安全でないLANといったネットワークから物理的に隔離すること。

 「DigiCert(R)ONE」は今回、企業内認証局の運用を可能にする「DigiCert(R)Enterprise PKI Manager」,IoT機器のセキュリティを管理する「DigiCert(R)IoT Device Manager」を新たに準備した日本データセンターより6月末より提供を開始いたします。また、アプリケーションのコードサイニングに特化した管理インターフェイスである「DigiCert(R)Secure Software Manager」も提供を正式に開始いたします。(グローバルで冗長化されたデータセンターよりサービス提供されます。)

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/609173/01_202104221345.pdf