NEC、新周波数チャネルおよびVLANに対応したプライベートLTE(sXGP)システムを販売開始

 NECは、1.9GHz周波数帯を使用した自営通信用TD-LTE規格であるsXGP(注1)に対応したプライベートLTEシステムにおいて、2020年12月から運用帯域の拡張によって利用可能となった新周波数チャネル(注2)に対応したsXGP対応アクセスポイント(AP)およびAPコントローラを本日より販売開始します。NECは、本システムを2025年度までに累計1,000システム以上提供することを目指します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 sXGPは免許不要でありながら、無線LANなどと比べて外来ノイズが少ない1.9GHz周波数帯を用いているため、通信の安定性が高いことが特長です。また、秘匿性の高いLTEのSIM認証や、外部にデータを出さないクローズドなネットワーク構成により、セキュアなローカル無線通信ネットワークを構築することが可能です。そのため、病院や工場、倉庫などの自営ネットワークで音声通話やデータ通信などに活用されてきました。

 一方で同じ周波数帯を用いる自営PHSやDECT(デジタルコードレス電話)が、既に敷地・建物内や周囲で使われている場合、無線干渉により利用が困難な場合がありました。

 今回、新たに利用可能となった周波数チャネルに対応することにより、こうした無線干渉の問題を解決しました。また、VLAN(注3)対応によりセキュリティやネットワーク設計の柔軟性を向上させたほか、対応コミュニケーションサーバの拡充や、病院でのナースコールシステムへの対応など連携範囲を広げることが可能となりました。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/609538/01_202104281101.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/609538/02_202104281101.pdf