セールスフォース・ドットコム、「Education Cloud」の基盤となる「Education Data Architecture」を日本で提供開始

 株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下「セールスフォース・ドットコム」)は、これまで英語圏のみで提供されていた教育機関向け製品「Education Data Architecture(以下、「EDA」)」を、従来から提供してきたその他のCRM(Customer Relationship Management)製品群と合わせて、「Education Cloud」というブランド名の元、提供することを本日発表しました。また、「Education Cloud」を活用したオンラインアドミッションシステムをセールスフォース・ドットコムとそのインプリパートナーである株式会社ユー・エス・イー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 吉弘 三男、以下「ユー・エス・イー」)ならびに東京大学教養学部が共同開発しました。

 「Education Cloud」は、あらゆる規模の教育機関において、学習者と教育機関とのエンゲージメントを一時的な物ではなく、生涯にわたる形へと変化させるCRMプラットフォームです。「Education Cloud」を活用することで、教育機関の管理部門は、柔軟かつ迅速に各教育機関に最適なプラットフォームを構築し、学生の入学前、在学中、卒業後と、それぞれのタイミングで適切な体験を生み出すと共に、ライフサイクル全体をマネージメントすることが可能になります。また、「Education Cloud」の中核製品で、教育機関にとって必要なデータ構造のスムーズな構築を可能にする、教育機関向け製品「EDA」も、合わせて6月より提供を開始します。「EDA」は、業界標準のオブジェクトを含んだ形でSalesforce のCRMプラットフォーム上に直接構築しており、教育機関にとって必要なデータ構造のスムーズな構築を可能にし、教育機関におけるCRMの可能性を広げます。「EDA」を取り入れることで、教育機関はアーキテクチャの検討やデータ収集にかける時間を短縮し、より学習者との関係強化に専念することができます。2018年から米国で提供が開始された「Education Cloud」は、すでにUS TIMES誌が選ぶ「最も革新的な高等教育機関」のうち96%が利用しており、英語圏を中心にハーバード大学、イェール大学、スタンフォード大学など数々の有名な教育機関において導入の実績があります。

 この度、東京大学教養学部において、「教養学部英語コース PEAK(Programs in English at KOMABA)」のアドミッション業務の効率化、ならびにユーザー体験の向上を目的に「Education Cloud」および「EDA」が採用されました。東京大学教養学部では、「Education Cloud」を活用し、セールスフォース・ドットコムおよびユー・エス・イーとアドミッションシステムを共同開発することで、AO入試のオンライン化を図り、世界各国に広がる志願者が応募しやすい、出願時の地理的条件に縛られない入試形式が提供されるようになりました。教育機関が志願者と直接オンライン上でコミュニケーションできるようにすることによって、合格までの道のりでの志願者・事務職員・教員相互の煩雑なやり取りを大幅に減らすと同時に、志願者へより早く、より合理的なサービスを提供することが可能になりました。また、すべての志願者とのやりとりについて記録を一元化し、データ分析をすることで、教育機関として翌年以降の志願者向けに、より良いサービスが提供できることになります。

■Education Cloud概要図

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

■Education Cloud 概要図

https://release.nikkei.co.jp/attach/609548/01_202104281133.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/609548/02_202104281133.pdf