グレープシティ、業務アプリ開発支援ツールの最新版でマイクロソフトのアプリケーションフレームワーク「.NET5」と「Blazor」の対応を強化

ComponentOne 2021J v1

 グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山 3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利な.NET/Xamarin/Blazor用コンポーネントを収録したスイート製品「ComponentOne(コンポーネントワン)」の新バージョン「2021J v1」を2021年4月28日(水)にリリースします。1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、最上位エディション「ComponentOne Enterprise」の初期費用(イニシャル)は1ユーザーライセンスが165,000円(10%税込)、更新費用(リニューアル)は82,500円(10%税込)となります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 2021年初回のバージョンアップとなる「2021J v1」では、マイクロソフトのアプリケーションフレームワーク「.NET5」および「Blazor」の対応を強化しました。Windows Forms用エディションに含まれる、データの集計や分析に便利な「FlexPivot」、階層的なデータ表示を可能にする「TreeView」や、WPF用エディションのカレンダーを表示する「Calendar」、パネルの折りたたみや展開ができる「Accordion」など、業務システムに必要とされることの多いコントロールが.NET5をサポートします。

 また、BlazorによるWebアプリケーション開発を支援するコンポーネントを更に追加しました。例えば、メインのウィンドウとは別にポップアップを表示させて、補足や追加の情報をアプリケーション利用者に知らせることができる「Window」コントロールを搭載しました。このほか、日付範囲選択やツールチップ、マスクテキストボックスなどのコントロールの拡充も行っています。

 Blazorは、JavaScriptを使わずに.NETフレームワークとC#を使用してWebアプリ開発が可能なSPA(Single Page Application)フレームワークです。.NETの既存の資産やスキルを活用できることから、Web業務システム開発の生産性向上が期待できます。

 ComponentOneはテクノロジーの進化にあわせて常に最新環境に対応し、業務システムに求められる豊富なUIコンポーネントを提供することで開発者の工数削減に大きく貢献します。

■ComponentOneの詳細はWebページをご覧ください

 https://www.grapecity.co.jp/developer/componentone

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/609552/01_202104281150.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/609552/02_202104281150.pdf