IBM、ハイブリッドクラウド環境でのデータアクセスと可用性をシンプルにする先進ストレージ・ソリューションを発表

 ・複雑なハイブリッドクラウド環境でのデータの可用性を高め、ビジネスと回復力を向上させるために設計された新しいコンテナネイティブのソフトウェア・デファインド・ストレージの計画を発表

 ・エンタープライズ・データへの迅速なアクセス実現のために、従来モデルの2倍のパフォーマンスで 拡張性を提供する、新しいIBM Elastic Storage Systemsをリリース

[米国ニューヨーク州アーモンク - 2021年4月27日(現地時間)発]

 IBMは本日、複雑化するハイブリッドクラウド環境におけるデータアクセスとその管理を改善し、データの可用性と回復力を向上させることを目的としたストレージ・ポートフォリオの主要なイノベーションを発表しました。

 まず、新しいコンテナネイティブなソフトウェア・デファインド・ストレージ(SDS)ソリューションであるIBM(R) Spectrum Fusionを2021年後半に発売する計画を発表しました。このソリューションは、IBMのGeneral Parallel File System技術とデータ保護ソフトウェアを融合させて設計されており、企業とそのアプリケーションに対して、データセンター内、エッジ、ハイブリッドクラウド環境全体でシームレスにデータにアクセスを行うための、シンプルでなアプローチ方法を提供します。

 さらに、IBMは、拡張性が高く導入が容易な高性能ストレージであるIBM Elastic Storage System( https://www.ibm.com/jp-ja/products/elastic-storage-system )(ESS)ファミリーのアップデートも発表しました。機能拡張されたモデルESS 5000(1)は、ストレージ容量が10%増加し、新しいESS3200は従来の2倍の読み取り性能を実現しています(2)。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ハイブリッドクラウドの採用が拡大するにつれて、ネットワークのエッジを管理する必要性も高まっています。エッジコンピューティングは、地理的に分散したり、データセンターから切り離されたりすることが多いため、分析やAIに活用できるような膨大な量のデータが滞留する可能性があります。デジタルの世界と同様に、エッジも拡大し続けており、これまで以上に分離されたデータソースやサイロが生まれています。最新のIDCのレポート( https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=US46942020&pageType=PRINTFRIENDLY )(IBM外のWebサイトへ)(3)によれば、デジタルエンジニアリングによってIT/OTの融合が加速する中、エッジ・インフラストラクチャー上に展開される新しい運用プロセスの数は、現在の20%未満から2024年には90%以上(4)に増加すると考えられています。また、IDCの予測では、2022年までに、ハイブリッドビジネスに移行する組織の80%が、ビジネスの俊敏性と洞察をほぼリアルタイムで提供するために、AI対応のセキュアなエッジ・インフラストラクチャーへの支出を4倍に増やす(5)とみられています。

 IBM Storage Systemsのゼネラル・マネージャーであるデニス・ケネリー(Denis Kennelly)は、次のように述べています。

 「アプリケーションを構築、展開、管理するためには、エッジからデータセンター、クラウドまでの組織全体でデータを迅速に利用できるように支援する高度な機能が必要であることは明確です。それは口で言うほど容易なことではありませんが、基礎となるデータ層、コンテナ化された情報アーキテクチャー、そして適切なストレージ・インフラストラクチャーを構築することから始まります」

 Guardant Health社は、高精度がん臨床試験のリーディングカンパニーであり、独自の血液検査や膨大なデータセット、最新の解析技術を活用し、世界中でがん克服の支援を行っています。同社は、一連のがんのケアプロセスの患者様がより長く、そしてより健康的な生活を送るためのサポートをしています。Guardant Healthのデータとハイパフォーマンス・コンピューティング・プラットフォームにより、大量のゲノムデータを比類のないスピードとスループットで、がん専門医、研究者、バイオ製薬業界のための実用的な洞察に変えます。数年前同社は、世界中の数千万人もの患者に一連のサービスを提供するためには、データ基盤を拡張する必要があると考え、そのプラットフォーム用のデータ基盤の構築をIBMに依頼しました。

 Guardant Health社のCIOであるクムッド・カリア(Kumud Kalia)氏は、次のように述べています。

 「当社は、大規模なコンピュート・クラスターを管理しており、多数の計算ノードに対して極めて高いデータ・スループットを要求しています。IBM Spectrum Scaleの並列ファイルシステムが高いパフォーマンスを実現し、ESSシステムは、当社のゲノムパイプラインが必要とするデータスループットを提供してくれます。IBMとの継続的な協力によってこのプラットフォームをさらに進化させていけることを楽しみにしています」

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/609553/01_202104281152.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/609553/02_202104281152.pdf