ブレインパッド、アサヒグループホールディングスのDX戦略の要となる、データ活用人材の育成プログラムを提供

 −ビジネスとデータ分析をつなぐ「ビジネス・アナリスト」を育成−

 株式会社ブレインパッドは、アサヒグループホールディングス株式会社(以下、アサヒグループHD)が取り組むValue Creation(新価値創造取組、以下、VC取組)推進において、その要となるデータ活用人材の育成プログラムを提供したことを発表いたします。

 この人材育成は、アサヒグループのVC取組を推進するべく設立された「Value Creation室(VC室)」と全社の人材戦略を担う人事部が主導するもので、同社がVC取組推進のために必要と考える人材要件の1つである「ビジネス企画」の育成を主目的としています。

 ブレインパッドは、ビジネス企画の中でも、データ起点で発想する「ビジネス・アナリスト」育成のため、難易度別に設定された「VC基礎研修(E-learning)」「コアスキル集中研修」「専門スキル研修」の3つの研修の企画・実行を担っており、ビジネスの現場で活かせるデータ分析・活用の専門知見の習得に貢献しています。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 アサヒグループは、グループ経営理念「Asahi Group Philosophy」に基づき、VC取組の核となるDXを、各事業会社の“稼ぐ力の強化”“新たな成長の源泉獲得”“イノベーション文化醸成”のための成長エンジンと位置付け、その方針を2019年に「ADX戦略モデル」として体系化していましたが、2020年4月のVC室創設に伴い、各事業会社の経営戦略とより密結合させた形で「AVC(Asahi Value Creation)戦略」として再構成を行っています。

 これらの取り組みが高く評価され、アサヒグループHDは、「攻めのIT経営銘柄」「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄、(*1))2020」に6年連続(*2)で選出されています。

■ブレインパッドが提供するデータ活用人材育成プログラムの概要

 ブレインパッドが提供する本育成プログラムは、データ分析の入門編となる「VC基礎研修」に始まり、分析の基礎を学ぶ「コアスキル集中研修」、より高度な専門知識を学ぶ「専門スキル研修」の3つのプログラムを軸に構成されています。

 これらのプログラムは、データ活用・分析業務に必要となる統計学の基礎を習得するe-learning教材やデータの可視化による統計的なモノの見方や表現方法、AIを用いた業務改善プランニング講座を、「AVC戦略モデル」に適応させる形で提供しています。本育成プログラムを通じて、本年は250名程度のデータ活用人材の育成に貢献することが計画されています。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/609558/01_202104281204.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/609558/02_202104281204.pdf