DataRobot、インテージとデータパートナー契約を締結

インテージが提供するSRI+(R)(全国小売店パネル調査)および商品情報データベースを活用し、FMCGメーカーにおける需要予測業務のDXを推進

 エンタープライズAIのリーダーであるDataRobot, Inc.( https://www.datarobot.com/jp/ )(本社:マサチューセッツ州ボストン、CEO:Dan Wright、以下 DataRobot)は、本日、株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)と新たにデータパートナー契約を締結したことを発表しました。このパートナーシップにより、食品、飲料、日用雑貨メーカー企業(以下 FMCGメーカー)は、新商品および既存商品の需要予測業務において、これまで以上に精度の高い需要予測モデルを構築することが可能となります。特に、新商品の需要予測においては、AIモデルに学習させるのに十分なデータを保有していない企業でもSRI+(R)から提供される自社、および競合商品のPOSデータ、そして商品情報データベースの豊富な商品属性データを活用することで、データ不足の問題を解決し、より高精度の予測モデルを生成し活用することで、早期から大きなビジネスインパクトを獲得することができます。

【データパートナー契約締結の背景】

 FMCGメーカーでAI技術を活用した需要予測DXプロジェクトを推進するにあたり、業務適用に耐え得る予測精度や説明性を担保する上で必要にして十分なデータが揃わないという課題があります。特に、「目的変数データ(自社の出荷実績データなど)は揃うが、説明変数データ(小売販売実績データなど)が不足しているため、AIモデルが実務適用に適う水準の予測精度を発揮できない」という状態が散見されます。また新商品上市時の需要予測でAIを適用する際も、当該商品の過去の出荷実績・販売実績データが無いことから、高精度な需要予測の実現は困難であり、FMCGメーカーでの在庫過多・廃棄ロスを招く一因となっていました。

【データパートナー契約によって提供できる価値】

 今回のデータパートナー契約の締結により、DataRobotのユーザー企業が希望した場合、ユーザー企業はDataRobotのデータ共有・自動特徴量生成機能を通して、自社データに加えて、簡易にインテージのSRI+(R)データ、および商品情報データベースから自社で保有していない市場データ(競合他社商品の小売店POSデータおよびフレーバーや色味、質感といった商品特徴)を組み合わせたAIのモデルを生成し、自社内で検証・評価することが可能となります。また、PoC期間中に両社データサイエンティストによるデータ活用支援サービス(データ調達、データ処理、DataRobotによるモデル開発・精度評価・各種チューニングなど)をご活用いただくことにより、より精度の高いモデルを構築するために必要となるデータ調達計画や、導入後の人的運用体制・人材要件計画も合わせて評価・判断する事が可能です。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610135/01_202105131038.pdf