Qualcomm(R) Snapdragon(TM) 870搭載

ハイパフォーマンスを実現した5Gスマートフォン「moto g100」発表

アウトカメラとインカメラによる同時録画など撮影の楽しみが広がる新機能を追加

新機能「Ready For」でデスクトップ環境を構築

 モトローラ・モビリティ・ジャパン合同会社(本社:東京 代表取締役社長 松原丈太、以下、「モトローラ」)は、本日moto gファミリーの最上位機種となるAndroid(TM)スマートフォン、「moto g100」を発表しました。

 moto g100は、Qualcomm(R) Snapdragon(TM) 870 プロセッサーを搭載したmoto gファミリー史上最もハイパフォーマンスを実現した一台です。moto g100は、フロント面に標準レンズと広角レンズを備えたデュアルセルフィーカメラ、アウトカメラとインカメラで同時に動画撮影が行えるデュアルキャプチャーモード、マイクの指向性を調整できるオーディオズームなどの新機能を備えています。

 国内販売するmoto gファミリーとしては初めて5Gの高速通信に対応しています。

 6.7インチ大画面ディスプレイ、5,000mAhの大容量バッテリーを備え、ゲームや動画の視聴なども快適に行えます。

 また、スマートフォンの機能をテレビやモニターに拡張する新機能「Ready For」を搭載。アプリをデスクトップディスプレイに表示することで、より快適な操作性を提供します。moto g100は2021年5月28日より国内各チャネルで販売開始予定です。moto g100はSIMロックフリーでご使用いただけます。

■moto g100について

 moto g100は、ミドルレンジカテゴリーmoto gファミリーの中で、最もパフォーマンスに優れた5G対応スマートフォンです。Qualcomm(R) Snapdragon(TM) 870 プロセッサー、大画面6.7インチウルトラワイドディスプレイ、6,400万画素の高解像度カメラシステムを搭載。さらに、5,000mAhの大容量バッテリーにより、約40時間(※)の利用が可能です。その他、フロント面に標準レンズと広角レンズを備えたデュアルセルフィーカメラ、アウトカメラとインカメラで同時に撮影が行えるデュアルキャプチャーモード、マイクの指向性を調整できるオーディオズームなどの新機能を備えており、より手軽に静止画、動画によるコミュニケーションをサポートします。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610154/01_202105131139.pdf