Red Hat、ハイブリッドクラウド管理のコストと複雑性を低減する拡張されたRed Hat Insightsを発表

Red Hat InsightsにRed Hat OpenShift,、Red Hat Ansible Automation Platformのサポートが追加

従来のサーバーからパブリッククラウド上で動作するクラウドネイティブなスタックまで、ITのフットプリントの可視性を拡張

 [ノースカロライナ州ローリー-RED HAT SUMMIT 2021年4月27日(現地時間)発表]アメリカ報道発表資料抄訳

 オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(以下 Red Hat)は本日、オープンハイブリッドクラウド全体にわたる予測分析製品のRed Hat Insights( https://www.redhat.com/ja/technologies/management/insights )を拡張し、Red Hat Insights for Red Hat OpenShift and Red Hat Ansible Automation Platform および Red Hat Enterprise Linux(RHEL)用の拡張機能を追加したと発表しました。オンプレミス環境からサブスクリプションに含まれる複数のパブリッククラウドまで可視性が強化されることで、Red Hat OpenShift、Ansible Automation Platform、およびRHELのユーザーにとってハイブリッドクラウドオペレーティング環境に対する可視性と分析が向上します。

 Insightsは、全世界のRed Hatのお客様から長年にわたって収集されたデータを基盤に構築されたエキスパートシステムを使用するクラウドサービススイートです。Insightsは、インフラストラクチャの保守、最適化、および拡大縮小を行う際にITチームが直面する作業の多くを簡易化し、事前予防的な対応によるセキュリティと運用効率の向上、およびコストの管理を可能にします。Red Hatの世界トップクラスの専門知識をサービスとして提供することによって、Red Hatは自動的なアラートおよび実装すべき推奨事項を通して、各種の潜在的なソフトウェアセキュリティおよび構成の問題がダウンタイム、クラスタ障害、またはアップグレードの失敗を引き起こす前に、ユーザーがそれらを事前予防的に検出、分析、および修正する手助けをします。

 多くのITチームは、断片化され、サイロ化されたツールを使ってハイブリッドクラウド全体を管理する複雑性と苦闘しています。Insightsは、複数のプラットフォームにわたって統一された可視性を提供し、共通性のない、クラウド別のツールを使うのではなく、包括的に管理を行うことを可能にします。「たとえ最も顧客重視の企業でも、製品の設計、内部業務の最適化、およびリソースと資産の整合に関するプラクティスがサイロ化されていては成功できません。ソフトウェアのリーダーは、統合化された計画と実施に協業を組み込む必要があります。分断されたプロジェクトではなく製品とバリュー・ストリームを反映した戦略的ポートフォリオは、サイクルタイムの短縮に役立ちます」と、Forresterは2021年1月のレポートで述べています1。続けてForresterは、「広範な協業により、各チームはより積極的に実験および必要な場合の軌道修正を行うようになり、変化がさらに加速されます」と述べています。

 ハイブリッドクラウド運用に一貫性のある視野が必要なことは明白であるにも関わらず、多くの組織はチームと予算をサイロ化し、従来のシステム上で動作する業務上重要なアプリケーションの保守と拡大を専門とする部分と、クラウドネイティブなスタックと運用に専念する部分を分けています。Insightsを拡張し、RedHat OpenShiftとAnsible Automation Platformを対象に含めることによって、Red Hatは現在の業務の遂行に必要なシステムのサポートとともに、将来の成長を促進するサービスやアプリケーションの構築も担当するITおよび業務組織間の摩擦低減を目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610249/01_202105141349.pdf