Red Hat、Red Hat OpenShift Platform Plusにより包括的なKubernetesスタックを提供

業界をリードするエンタープライズ向けの新しいKubernetesプラットフォーム

新たなレベルの安全性と管理性を組み込むよう設計され、DevSecOpsの高速化と簡略化を支援

 [ノースカロライナ州ローリー-RED HAT SUMMIT 2021年4月27日(現地時間)発表]アメリカ報道発表資料抄訳

 オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは本日、ハイブリッドクラウド全体にわたるDevSecOpsの導入を支援する総合的なソリューションを提供するよう設計された業界トップクラスのエンタープライズ向けの新たなKubernetesプラットフォーム( https://www.redhat.com/ja/resources/forrester-wave-multicloud-container-platform-analyst-material )として、Red Hat OpenShift Platform Plusを発表しました。すぐに使える完全なKubernetesスタックを提供するRed Hat OpenShift Platform Plusには、OpenShiftの実行環境ならどこでも、ほぼすべてのアプリケーションをビルド、デプロイ、実行するために必要なものがすべて含まれています。

 Kubernetesは最も急成長しているオープンソース・プロジェクトの一つですが、エンタープライズのニーズに真に対応するためには、管理や安全性の強化といった追加のコンポーネントが必要になります。Red Hat OpenShiftはエンタープライズ向けのKubernetesであり、世界中の様々な業界の組織から信頼を得ています。Red Hat OpenShiftには3つのタイプがあり、お客様は適切な機能レベルを選んで始められます。

 Red Hat OpenShift Kubernetes EngineはRed Hat OpenShiftの基礎版であり、Red Hat Enterprise Linux CoreOSの基盤上でエンタープライズ向けKubernetesを提供してハイブリッドクラウド全体でより安全にコンテナを実行します。Red Hat OpenShift Container Platformは、開発・運用サービスのフルセットとアプリケーションの開発やモダナイゼーションのための高度な機能を追加します。

 Red Hat OpenShift Platform PlusはOpenShift Container Platformの機能をベースとし、高度なセキュリティ機能、Day2運用管理機能およびグローバル・コンテナレジストリ等のソリューションの提供によって、これをさらに前進させるものとなっています。Red Hat OpenShift Platform Plusによって、オープン・ハイブリッドのどこに存在しようと、またソフトウェアのライフサイクルのどの時点にあろうと、組織はより一貫してセキュリティ機能の実装とアプリケーションの管理を行うことが可能となります。

■Red Hat OpenShift Platform Plusは以下の機能によってOpenShiftを拡張しています。

 ●Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes:ソフトウェアのサプライチェーン、インフラストラクチャ、ワークロードのセキュリティ強化を支援

 ●Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes:ハイブリッドおよびマルチクラウド環境全体にわたってKubernetesクラスタのエンドツーエンドの視認性、管理および制御を確保

 ●Red Hat Quay:インフラストラクチャ全体にわたるパイプラインを一貫してビルドするために、グローバルかつスケーラブルでより安全性の高いコンテナレジストリを提供

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610251/01_202105141123.pdf