ビートレンド、『LINEミニアプリ』の開発を受注開始

〜『LINE』上にワンタッチで利用可能な会員証を提供〜

 ビートレンド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上 英昭 以下、ビートレンド)は、コミュニケーションアプリ『LINE』上で、企業が自社会員向けサービスを展開できる『LINEミニアプリ』の開発を受注開始したことをお知らせします。自社が提供するスマートCRMプラットフォーム『betrend』と連携しており、『LINEミニアプリ』単体でのサービス提供に加えて、『betrend スマートフォンアプリ』と連携したサービスにも対応しています。

 『LINEミニアプリ』は、来店スタンプ・会員証・テーブルオーダー・順番待ち受付といった企業の自社サービスを、『LINE』上で提供できるウェブアプリケーションです。『LINE』上で展開することで、新規にアプリをダウンロードすることなく、許諾同意操作のみで簡単にサービスを利用できます。URL起動が可能となっており、店頭のQRコード(ポスター・チラシなど)・SNS・メルマガなど、様々な接点から誘導することができるため、企業にとってライトユーザーの獲得に適したソリューションとなっています。ポイントカードや会員証などを、『LINE』上にまとめて管理できる『LINEウォレット』内の『マイカード』への登録も可能です。

 『betrend スマートフォンアプリ』と連携することで、『LINEミニアプリ』とポイント残高の共有ができるほか、今後は『betrend パスチケ』と連携した回数券・定期券販売など、様々な『betrend』のオプションサービスを順次『LINEミニアプリ』に対応させていく予定となっています。

 ※図は添付の関連資料を参照

 *本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach/610309/01_202105141638.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610309/02_202105141638.pdf