潜在的脅威の検知と集団防衛を支援する「ネットワーク脅威検知ソリューション」を販売開始

お客さまのセキュリティ担当者と連携して、より強固なセキュリティ対策や安全な事業基盤の構築を支援

 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト(本社:東京都品川区、取締役社長:竹田 広光/以下、日立ソリューションズ・クリエイト)は、IronNet Cybersecurity,Inc.(本社:米国バージニア州、CoCEO:キース・アレクサンダー/以下、IronNet社)と、セキュリティ製品「IronDefense(R)」「IronDome(R)」の販売代理店契約を締結しました。

 本製品の活用により、挙動や振る舞いに基づく効果的なサイバー攻撃検出と、集団防衛による強固なセキュリティ対策を支援する「ネットワーク脅威検知ソリューション」を本日から販売開始します。

 近年、企業は競争力の強化に向けて、さまざまな先端テクノロジーを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させていますが、このテクノロジーの進化はサイバー攻撃者も享受することができ、昨今のサイバー攻撃の進化、洗練化は驚異的です。サイバー攻撃による被害は、その企業に留まらず、サプライチェーン全体にまで及ぶケースもあり、セキュリティ事故によって企業が被る損失は甚大です。

 このたび販売を開始する「ネットワーク脅威検知ソリューション」は、IronNet社のもつ非常に強固なセキュリティ製品を活用した、より高いレベルでのセキュリティ対策が求められる業種・業界向けのセキュリティソリューションです。

 IronDefense(R)は、既存のネットワーク解析では警告されない潜在的な脅威を予兆検知し、優先順位を付けて警告します。本ソリューションは、IronDefense(R)の機能を活用することで、サイバー攻撃への効果的な対処を支援します。

 また、IronDome(R)は、業界、グループ企業、サプライチェーンなどの企業間で脅威情報を共有する集団防衛のプラットフォームを構築する最先端のサイバーディフェンスソリューションです。IronDome(R)は米国の電力業界(Energy Dome)や金融業界(Financial Dome)、英国の医療業界(Healthcare Dome)など、多数の実績を有しています。

 日立ソリューションズ・クリエイトは、これまで金融、社会・公共、産業・流通など幅広い業種のお客さまにセキュリティソリューションを提供してきましたが、より高いセキュリティ技術や最先端のしくみによる強固なセキュリティ対策を必要とされるお客さまに本ソリューションを提供し、お客さまの安全な事業基盤の構築を支援していきます。

≪ネットワーク脅威検知ソリューションの概要≫

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

≪ネットワーク脅威検知ソリューションの概要≫

https://release.nikkei.co.jp/attach/610345/01_202105171138.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610345/02_202105171138.pdf