Red Hat、クラウドネイティブ・アプリケーションのイノベーションにおける次の波を牽引する新しいマネージド・クラウドサービスを発表

 [ノースカロライナ州ローリー-RED HATSUMMIT 2021年4月27日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

 オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat, Inc.は本日、新しいマネージド・クラウドサービスによってオープン・ハイブリッドクラウド( https://www.redhat.com/ja/topics/cloud-computing/what-is-hybrid-cloud )・テクノロジーのポートフォリオを拡張することを発表しました。Red Hat OpenShift API Management、Red Hat OpenShift Streams for Apache Kafka、およびRed Hat OpenShift Data Science は、組織がクラウドネイティブ・アプリケーション( https://www.redhat.com/ja/topics/cloud-native-apps )を構築し、ハイブリッド環境全体にわたってデプロイ、管理、およびスケーリングする際に、フルマネージド型の効率化されたユーザー体験を提供するように設計されています。これらのサービスは Red Hat OpenShift Dedicated( https://www.openshift.com/products/dedicated/ ) と緊密に統合され、開発者の生産性を損なうことなく高度に複雑な最新のIT環境の運用上の複雑性を軽減する上で役立ち、オープン・ハイブリッドクラウド全体にわたって、またマルチクラウド( https://www.redhat.com/ja/topics/cloud-computing/what-is-multicloud )上で共通の機能セットを提供します。

 2020年は、ハイブリッドクラウドの大規模運用がCIOやITリーダー( http://redhat.com/en/blog/assess-build-deploy-manage-every-cio-now-cloud-operator )にとっていかに重要であるかを浮き彫りにしました。それは特に、既存のインフラストラクチャに対するコミットメントを維持しながら、拡大するサービス需要に直面する場合に顕著です。この新しい現実に対処するため、お客様やパートナーは、オーバーヘッドや複雑性を増すことなく、あらゆるアプリケーションをどこにでも提供するためのテクノロジーをいかに採用するかについて、柔軟性を確保したいと考えています。これらの基本的なクラウド・サービスは、運用上の責任とサポートをRed Hatに任せて、お客様はデータの配信とAPI主導型( https://www.redhat.com/ja/topics/api )のデータアクセスの実現に重点を置いて次世代アプリケーションを構築することができます。この新しいサービスには以下が含まれます。

 ●Red Hat OpenShift Streams for Apache Kafka:リアルタイムのデータストリームをその所在にかかわらず容易に作成、検出、および接続できるように設計されています。

 ●Red Hat OpenShift Data Science:機械学習(ML)モデルをより迅速に開発、訓練、およびテストし、コンテナ対応の形式でエクスポートするための手段を提供します。

 ●Red Hat OpenShift API Management:APIファーストによるマイクロサービスベース( https://www.redhat.com/ja/topics/microservices )のアプリケーションの提供に伴う価値の実現を迅速化し、運用コストを低減します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610349/01_202105171153.pdf