最大65℃の過酷な環境下でも動作。

産業用ネットワークのコアとしても最適な、 PoE++給電に対応するAT-x530DP-28GHXmを発売

 アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、PoE++対応のスイッチ「AT-x530DP-28GHXm」の出荷を2021年5月17日より開始します。

【PoE++モデル AT-x530DP-28GHXm】

 530,000円(税込583,000円)

 マルチギガビットポート[100/1000/2.5G/5GBASE-T(PoE++)]の4ポートを含め、全24ポートでのPoE給電に対応したアドバンスド・レイヤー3スイッチ「AT-x530DP-28GHXm」を新発売いたします。

 *参考画像・図1は添付の関連資料を参照

 

 3月に先行発売した「AT-x530DP-52GHXm」と同一シリーズとしてラインナップする当製品は、ポートあたり最大60WのPoE++給電に対応し、装置全体では最大1,480Wの大容量PoE給電が可能です。ネットワークカメラやセンサー、LED照明など大容量給電を必要とするIoTデバイスへの安定した給電も可能となります。もちろんWi-Fi6(IEEE 802.11ax)対応の無線LANアクセスポイントのように、高速で大容量給電が必要なデバイスを集約させるスイッチとしても最適です。

 本製品は最大65℃の動作温度に対応するため(※1)、図1のように、同じ動作温度に対応するスイッチ(当社製 AT-IE340L-18GP[税込308,000円〜])と組み合わせることで、工場など高温になる過酷な環境下でも、産業用ネットワークのコアスイッチとしてもタフに働き続けます。

 またホットスワッパブル冗長電源に対応しているのも特徴です。電源を入れたままでもケーブルや部品の交換が可能なだけでなく、1つの電源が万が一止まってしまった場合でももう1つの電源が動作し、装置自体は動き続けるので安心です。

 さらに「AT-x530DP-28GHXm」は、当社で提供しているネットワーク統合管理ソリューション「Vista Manager mini」を内蔵しています。「Vista Manager mini」はAWC機能(※2)などを持ち、無線LANアクセスポイントの電波出力やチャンネルを自律的に調整。エリア内の電波干渉を最小限に抑え、快適な利用環境を実現します。さらに図2のようにLANのトポロジーマップやヒートマップが表示されるので、スキルレベルを問わず、直観的に管理が可能となります。ネットワークの状況が可視化されることで、担当者が1人しかいないような場合でも、スムーズに管理することができます。サーバーレスなので最小限のコストでマネージメントが可能となることもポイントです。

 *図2は添付の関連資料を参照

■AT-x530DP-28GHXmの詳細な仕様につきましては次のURLからご確認いただけます。

→ https://www.allied-telesis.co.jp/products/list/switch/x530/catalog.html

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/610350/01_202105171157.JPG

図1

https://release.nikkei.co.jp/attach/610350/02_202105171157.png

図2

https://release.nikkei.co.jp/attach/610350/03_202105171157.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610350/04_202105171157.pdf