医療機器と情報ネットワークのスムーズな相互乗り入れを実現

-生体情報モニタと無線LANシステム接続性の共同検証を実施

 アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、2020年2月下旬、株式会社フィリップス・ジャパン(本社 東京都港区、代表取締役社長 堤浩幸)とともに、搬送用生体情報モニタと無線LANソリューションを組み合わせ、接続性の共同検証を実施しました。

【共同検証の背景】

 生体情報モニタは、心電図や呼吸数などのバイタルサインを測定・表示する医療機器です。搬送用のものは小型で持ち歩きやすく、主に日常動作が可能な患者への装着や病院内での搬送時など、移動を伴う場面で使用されます。

 搬送用生体情報モニタの利用時は、患者がどこにいても体調の異変を早期に発見し、素早く対応できることが重要です。

 したがって、電子カルテなど各システムとの間で相互に接続でき、リアルタイムでデータの共有が行える無線LAN環境が必要となります。

 このため、当社無線LANソリューションにより、搬送用生体情報モニタの安定した利用環境の実現性を検証します。

【共同検証の結果】

 本検証によって、AT-TQ5403/AWCを用いて搬送用生体情報モニタIntelliVue X3、IntelliVue MX40の利用に適した無線LAN環境を提供可能であることが確認されました。

 医療機器と情報ネットワークが無線でスムーズに相互接続でき、常に体調のモニタリングが行えることで、患者と医療スタッフの安心・快適性を確保することが可能となります。

【共同検証の概要】

 当社無線LANアクセスポイントAT-TQ5403および自律型無線LANソリューションAWCを用いた通信環境において、株式会社フィリップス・ジャパンの搬送用生体情報モニタIntelliVue X3、IntelliVue MX40で検証機器と通信を行い、それぞれ正常に接続可能であることを検証しました。

 また、今回の検証では割り当てられたチャンネルで各デバイスが正常に動作することに加え、デバイスの移動による電波状況の変化を想定し以下の動作を確認しました。

 ・異なるチャンネル間を移動してローミングが発生した際、正常動作の継続が可能であること

 ・電波の届かない場所への移動など、一時的に通信が劣化した場合でも回復時に正常に復旧できること

【共同検証の概要図】

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

【共同検証の概要図】

https://release.nikkei.co.jp/attach/610352/01_202105171201.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610352/02_202105171201.pdf