ネットワークセキュリティのエムオーテックス株式会社が、請求書発行業務の電子化にあたり「SVF Cloud」「SVF TransPrint」を導入

 請求書の自動配信による業務効率化で作業時間を50%削減、リモートワークに貢献

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:田中 潤、以下 ウイングアーク1st)は、ネットワークセキュリティのリーディングカンパニーであるエムオーテックス株式会社(以下MOTEX)が、これまで紙で運用していた請求書発行業務をWeb配信に切り替えるにあたり、帳票クラウドサービス「SVF Cloud」と文書流通サービス「SVF TransPrint」を導入したことをお知らせします。

【背景】

 「Secure Productivity」というビジョンを掲げるMOTEXは、ネットワークセキュリティ、及びIT資産管理ツールのデファクトスタンダードを目指して、組織のIT活用における安全と生産性の両立を追求する多様な製品・サービスを展開しています。事業が急拡大する中、取引先も増え請求書の発行に伴う業務が増大していました。今まではSalesforceで出力したPDFの請求書をプリントアウトし、責任者が検印、経理部門の担当者が内容を確認しながら封入・封印し、郵送していました。担当者2名が毎月約40時間をかけ作業を行っており、人的作業のためミスが発生する可能性も懸念されていました。また、コロナ禍によるリモートワークで、紙の請求書をPDFファイル化したものをメールに添付する形式で請求書送付を試みましたが、メールの本文や送付先、添付ファイルのダブルチェックをその都度行わなければならず、紙運用以上に確認作業の手間が発生していました。

 そこで、請求書の電子化と自動配信の運用を検討し「SVF TransPrint」を導入しました。導入のポイントは以下です。

 (1)取引先ごとにPDFの請求書を自動振り分けできること

 (2)請求書以外にも納品書や案内資料なども配信できること

 (3)取引先がファイルのアップロードもでき双方向の情報交換ができること

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610356/01_202105171211.pdf