マクニカ、介護現場の実効的な効率向上を目指し、見守りシステム「AttentiveConnect」とコミュニケーションアプリ「Buddycom」との連携機能を提供開始

 半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス/ソリューション・プロバイダーの株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、資本金111億94百万円)は、ICT化/DXを通じた介護現場のさらなる効率向上に向けて、株式会社サイエンスアーツ(以下サイエンスアーツ、本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:平岡 秀一)の未来型チームコミュニケーションアプリ「Buddycom(バディコム)」と、マクニカが提供している見守りサービス「AttentiveConnect(アテンティブコネクト)」を連携した新たな機能の提供を開始します。

 急速に進む少子高齢化によって想定される介護における人員不足への対応として、ICT化/DXによる介護現場の革新は国の重点課題の1つとして挙げられておりますが、ITシステムを有効活用した介護現場の業務の効率化はまだ十分に進められていないという現状があります。その背景には、これまで介護施設向けのITシステム自体が介護現場のニーズに応えられるような機能開発がなされていなかったことにあります。特に見守りシステムは、センサーを信頼して巡回を最適化することが十分に進められていないという声が多く挙げられてきました。そして、その要因の1つとして、センサーからの通知を確実に受け取ることが出来ていないという点がありました。

 この度、マクニカの「AttentiveConnect」がサイエンスアーツの「Buddycom」と連携することにより、介護現場にて管理画面と音声で「正確なデータ」を「確実」に「迅速」に届けることが可能になります。「AttentiveConnect」が対応しているベッドセンサーnoomi(*1)が検知した離床やバイタルの異常といったアラートを「Buddycom」を使って一斉に音声通知することで、対応中や休憩中など、現場のスタッフが画面を見ることが出来できない状況にあってもグループ全員に確実に通知することができます。さらには聞き逃した音声を後から聞き直したり、テキストで確認すること可能です。

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/610428/01_202105181031.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610428/02_202105181031.pdf