凸版印刷とトレタ、飲食店向けDX事業で協業

飲食店の予約/顧客台帳サービスを提供するトレタと、飲食店向けDXソリューションの開発に向けて資本業務提携を締結

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、飲食店向けの予約/顧客台帳サービスを開発・提供する株式会社トレタ(本社:東京都品川区、代表取締役:中村 仁、以下 トレタ)は、2021年5月に資本業務提携を締結しました。

 本提携により、凸版印刷が提供する販促支援ソリューションやBPO業務のノウハウと、トレタが持つ飲食店向けソリューションを融合させ、新たな飲食店向けDX事業の創出を目指します。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

■協業の背景

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令に伴い、飲食店では時短営業を求められています。2021年1月の緊急事態宣言では、稼働率が平常時の3割程度となり(※1)、売り上げが大きく減少しています。そのような状況において、飲食店では業務効率化や顧客単価向上を目的としたDXが喫緊の課題となっています。

 凸版印刷は、様々な業界のお客さまの課題を解決するために店頭POP、キャンペーンといった販促支援ソリューションやBPO事業などを行ってきました。これらの知見やノウハウを、飲食店に特化したトレタのソリューションと掛け合わせることで、飲食店に向けた新たなDXソリューションを開発・提供していきます。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/610433/01_202105181047.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610433/02_202105181047.pdf