凸版印刷、中国で製品向けID認証プラットフォームを構築

中国市場向けに、製品への固有IDの付与・管理・認証を通じて、企業の顧客接点構築とサプライチェーンの可視化を実現

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、製品に付与する固有IDを通じて、顧客との接点を構築し、サプライチェーン管理を可能とする、クラウド型ID認証プラットフォーム(以下 本プラットフォーム)のサービス提供を、中国市場向けに2021年5月より開始しました。

 本プラットフォームの導入により、製品に付与されたQRコードやNFCタグ、UHF帯のRFIDなどのIDデバイスを消費者のスマートフォンや製造工場、物流倉庫の読取装置で読み取ることで、企業は商品情報の提供や真贋判定、デジタルプロモーションなどの顧客サービスの提供と、収集したデータを活用したトレーサビリティ管理や不正流通の監視など、サプライチェーンの管理が可能となります。

 本プラットフォームは、Selinko SA(本社:ベルギー・モンサンギベール、CEO:Patrick Eischen、以下 Selinko)のNFCに対応したID認証システム基盤技術と、凸版印刷のIDデバイス技術を融合させ、中国国内に構築したものです。

 ※図は添付の関連資料を参照

■開発の背景

 近年、スマートフォンやタブレットなどのデジタル機器の普及によって顧客接点が多様化し、企業と消費者が繋がる機会が増えています。そのため、企業にとって、多様化した顧客接点を効果的に活用して、顧客の状況をリアルタイムに把握し、最適な顧客サービスを提供することが重要な経営課題となっています。凸版印刷がこれら課題に対し、クラウド型ID認証プラットフォームのサービスを提供することにより、企業は消費者のスマートフォンを通じて、顧客接点の構築が可能となり、様々な顧客サービスをダイレクトに提供できるだけでなく、収集したデータの活用により、サプライチェーンの可視化や最適な顧客体験の提供ができるようになります。また、本プラットフォームとその運用サポート体制を中国に構築することにより、企業は中国国内のサーバー上でID認証システムを安全・安心に運用し、安定した顧客サービスを中国市場に提供することが可能となります。

 凸版印刷は本プラットフォームのサービス提供を通して、中国をビジネスフィールドとする企業の製品ライフサイクルマネジメントとデジタルマーケティングを支援します

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach/610440/01_202105181110.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610440/02_202105181110.pdf