【SNSでも既に話題】−7.7度の涼しい風を運ぶ「ヒヤミスト2」一般販売スタート

クラウドファンディングで4,000万円超えの人気商品

 スリー・アールグループである、デジタル機器の通信販売を行うスリー・アールシステム株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:今村 陽一)は2021年5月18日より、-7℃の風を運ぶ超音波式冷風機「Qurra ヒヤミスト2」の一般販売を開始いたしました。本製品は、事前に実施したクラウドファンディングにてサポーター6,000名、支援額4,000万円を記録した期待値の高い製品です。

 ●販売ページ: https://3rrr.net/products/qurra-3r-tcf02

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 先日発表された気象庁の3か月予報によると、2021年夏の気温は平年より高くなると予想されています。梅雨が明けるとともに厳しい暑さが続く可能性が高く、例年より早い時期から熱中症のリスクが出てくることが考えられます。

 そのような状況下、当社では、−7.7度の風を運ぶ超音波式冷風扇「ヒヤミスト2」を開発。クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行販売を実施し、支援者数は約6,000名、応援購入額は4,400万円を突破いたしました。

 冷扇風とは、水分が蒸発する際に周囲の熱を奪う現象「気化熱」を利用し、冷たい風を出すことができる水冷式の扇風機です。一般的な扇風機は、室内30度であれば30度の風が吹きますが、冷風扇「ヒヤミスト2」を使用すると−7.7度の涼しい風を受けることができます。

 また「ヒヤミスト2」は、一般的な冷風扇よりもミストの粒が大きく、より涼しく感じられる仕組みとなっています。

 クーラーと比較すると、電気代を圧倒的に抑えることができます。電気使用量が上がりがちなリモートワークにも頼もしい存在です。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 また、USB充電が可能となっており、デスクやキッチン、車内や屋外でのアウトドアなど、あらゆるシーンでご使用いただけます。

 カラーは、インテリアになじむ3色展開。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 デジタル機器の通信販売を行う当社では、「暮らしを豊かにする。」のコンセプトの元、当社独自の生活家電と生活雑貨ブランド「Qurra(クルラ)」を設立しました。インターネット通販を主な流通チャネルに設定し、それに適した品質と価格のバランスを重視したブランドとして、商品開発と販売に注力していきます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/610441/01_202105181112.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/610441/02_202105181112.jpg

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/610441/03_202105181112.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610441/04_202105181112.pdf