クリエイターのノウハウを搭載した自動生成AIで企業のCX向上を支援

〜企業ニーズに合わせてカスタマイズしたAIを提供するCX構築支援AI構築サービス「CXAI」(シーエックスエーアイ)を開発〜

 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)と、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博)、株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:川上 宗一)、データアーティスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 覚)は、広告から販促、広報、問い合わせ対応などさまざまなクリエイティブ表現を自動生成するAIツールを、企業ニーズに応じてカスタマイズで構築するサービス「CXAI」の共同提供を開始します。「CXAI」で構築した自動生成AIは企業に提供され、さまざまなクリエイティブ表現制作を内製化することが可能になります。これにより、企業の生産性・ROIの向上と、より柔軟で最適なCX(カスタマー・エクスペリエンス=顧客体験)設計を支援してまいります。

<CXAIのロゴ>

 CXAI(シーエックスエーアイ)は、「CX向上を支援するAI」からつけられたネーミング。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 近年、企業のマーケティングや事業戦略において、顧客満足度を向上させる顧客視点のCX設計の重要性が増しています。その設計は広告のみならず、SNSやウェブサイト、問い合わせ窓口まで、あらゆる顧客接点に及びます。しかし、多様な接点でのあらゆるニーズに応えるために、大量のパターンの制作物や情報収集が必要になるなどコストや工数が増加すること、その表現が効果的なのか事前に分からないことがCX設計における大きな課題となっています。

 「CXAI」は、国内電通グループが数年にわたり開発・自社運用してきた複数の「クリエイティブ分析・自動生成ツール(※1)」で活用されている15種類以上のAIから、企業ニーズに応じた機能を組み合わせてオリジナルAIツールとして提供します。これにより、企業はAIをアルゴリズムから開発することなく、企業活動におけるさまざまな制作物の表現開発を自動・半自動化することが可能になります。また「CXAI」で使われるAIは、国内電通グループが制作してきた大量のクリエイティブ表現やその効果(=クリエイターのノウハウ)を学習しているため、よりクオリティーの高い制作物を手軽に内製でつくることが可能になります。

 ISIDは、2021年1月に設置した「UXデザインセンター(※2)」が中心となり、UX・UI設計で本サービスに協力するほか、「AIトランスフォーメーションセンター(※3)」で開発しているAIによる画像生成技術も「CXAI」へ提供していきます。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/610451/01_202105181151.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610451/02_202105181151.pdf