約7割が男性のメイクアップを受容、約2年で25%UP

@cosme「女性のメンズビューティ受容に関するアンケート」調査結果

 株式会社アイスタイルではこのほど、運営するサービス@cosmeのプロデュースメンバーである、18-69歳女性 5,820名を対象に、女性のメンズビューティ受容に関するアンケート調査を実施しました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ここ数年、化粧品メーカーからメンズコスメブランドやメンズシリーズが多く誕生し、スキンケア商品だけでなくメイクアップ商品も発売され、コロナ禍においても拡大をみせているメンズビューティ市場。また、デザインや香りなど性別問わず使用できるユニセックスな商品の増加、化粧品ブランドの広告に男性が起用されるなど、美容におけるジェンダーダイバーシティが進みつつあるようです。

 しかし、商品や購入できる場所などが順調に増えている一方で、今年2月に実施した「@cosmeを利用する美容感度の高い男性メンバーの美容事情アンケート」調査(URL:https://www.istyle.co.jp/news/info/2021/02/0212-nl.html)では、20代以下の男性@cosmeメンバーの約3割が化粧品を購入する時に「店頭での周囲の目が気になる」と回答しており、メンズビューティへの理解と受容はまだ拡大の余地がありそうです。

 さらなるメンズビューティ市場の拡大には、女性たちのメンズビューティへの理解や受容も大きく影響していくでしょう。本リリースでは、@cosmeが2019年5月に実施した同様の調査との比較による時系列の変化も含めてお知らせします。

■調査結果概要

 1.男性がスキンケア/メイクアップをすることへの女性の受容は伸長

 2.化粧品の広告モデルに男性を起用することに対しては、大半が好意的

 3.「化粧品売り場」の男性客に対しても受け入れ広がる

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/610455/01_202105181207.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610455/02_202105181207.pdf