PwCコンサルティング、自治体DXを進めるための自治体向けガイドラインを提供開始

総務省の「自治体DX推進計画」の考え方“誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化”を達成するための考え方や進め方を提示

 PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明、以下「PwCコンサルティング」)は、自治体デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるための自治体向けガイドライン「自治体DXを契機とするヒューマンセントリックな変革推進のためのガイドライン」を作成し、本日より無償で提供開始します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 2020年12月に総務省が公表した「自治体DX推進計画」では、自治体DX推進の意義として、“誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化”やデジタル技術・データを活用した住民の利便性の向上、多様な主体との連携により民間のデジタル・ビジネスなど新たな価値が創出されること、などが示されました。同時に、重点取り組み事項として、自治体の情報システムの標準化・共通化やマイナンバーカードの普及促進、自治体の行政手続きのオンライン化、自治体のAI・RPAの利用促進、テレワークの推進、セキュリティ対策の徹底が示されました。

 PwCコンサルティングでは、自治体DX推進の意義のなかでも特に、“誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化”を実現するためには、重点取り組み事項だけに注目して進めるのではなく、自治体DXを地域の未来創造につなげるという意識を持ち、住民・行政職員双方の視点を重視して「人間中心」に進めることが必要不可欠であると考え、本ガイドラインを作成しました。またガイドラインには、自治体がDX推進に向けて取るべきファーストアクションを提案しています。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/611158/01_202105271450.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/611158/02_202105271450.pdf