SAS最新グローバル調査:2021年以降、リスク・マネジメントが銀行のレジリエンスの鍵を握る

 SASの調査により、リスク・マネジメント・フレームワークの先進化と自動化が、ビジネスに多大な利益をもたらすことが明らかに

 コロナ禍がもたらした混乱により、リスク・マネジメント・インフラストラクチャは限界に達し、銀行はストレス・テスト、影響評価、シナリオ分析などのためにデータ、モデル、プロセスの再調整を迫られています。アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)と英国Longitudeが実施したリスク・マネジメントに関するグローバル調査( https://www.sas.com/en/whitepapers/from-crisis-to-opportunity-112141.html )では、銀行がリスク・フレームワークをどのように適応させているかを検証しています。この調査では、不確実性の中を進む銀行のリスク・テクノロジー能力の「真に重要な目標」を明らかにし、リスク・マネジメント・リーダー( https://longitude.foleon.com/sas/risk-management-leader/home/ )がどのように競争力を獲得しているかを示しています。

 調査レポート「From Crisis to Opportunity:Redefining Risk Management(危機から機会へ:リスク・マネジメントの再定義)」は、24か国の銀行のシニアエグゼクティブ300名を対象とした調査に基づいています。調査データに加えて、英国ウェルズ・ファーゴ、英国スタンダードチャータード、仏ソシエテ・ジェネラル、マレーシアRHB銀行など、5つの大手多国籍銀行のCRO(最高リスク責任者)への詳細なインタビューから得られたインサイトも記載されています。本レポートの主な調査結果は次のとおりです。

 ●コロナ禍はトランスフォーメーションを推進する:銀行のリスク・モデリングへのアプローチに影響を与える最大の要因は、法的要件ではなく、パンデミックです。

 ●ほとんどの銀行が先進化を計画している:54%の銀行が、今後2年間にリスク・モデリング能力の先進化を見込んでいます。さらに52%が、パンデミックの影響で先進化計画が加速したと回答しています。

 ●リスク・マネジメントの自動化は遅れている:リスク・マネジメント業務の大半を完全に自動化している銀行は約10%に過ぎません。また、リスク・モデリング・プロセスの大部分を完全に自動化している銀行は、わずか6%であり、トレンドを予測し、ビジネス全体の意思決定を改善する能力の妨げとなっています。

 ●投資の最優先事項はクラウド配備とアナリティクス:今後1年間に予定されているリスク・モデリング改善のための投資について質問したところ、エグゼクティブが上位に上げたのは、クラウド・プロビジョニング(67%)とデータ・アナリティクス・ツール(59%)でした。

 ソシエテ・ジェネラルのグループCRO(最高リスク責任者)であるサディア・リッケ(Sadia Ricke)氏は次のように述べています。「コロナでの経験を経て、リスク・モデリングのデジタル化の加速が不可欠になっています。お客様は、クレジットの申請を含め、すべてをオンラインで行える、完全にデジタル化されたプロセスを求めています。より自動化されたアプローチは、ビジネスの観点から、より効果的な能力を与えてくれます。」

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/612116/01_202106101143.pdf