京都市の医療・介護等の統合データ分析事業における生活習慣病に係る共同研究を東和薬品、TIS、ヘルステック研究所で実施

〜医療・健康データを活用したヘルスケアサービスの提供を目指す〜

 東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田 逸郎、以下:東和薬品)、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)、株式会社ヘルステック研究所(本社:京都府京都市、代表取締役社長:阿部 達也、以下:ヘルステック研究所)は京都市が実施する分析事業に参画し、医療・健康データを活用した生活習慣病に係る共同研究(以下:本共同研究)を実施することを発表します。

■背景

 日本は超高齢化社会を迎えており、人生100年時代に向けた健康寿命の延伸に取り組むことが重要とされています。

 京都市では、疾患の発生状況や、その予防・治療・介護の実態を明らかにし、健康寿命の延伸に活かすことのできるエビデンスの収集を目的として、保有する医療レセプト及び健診結果、介護レセプト等の統合データを用いた分析を、国立大学法人京都大学に委託のうえ取り組まれています。

 2021年度の共同研究テーマの一つである「生活習慣病」は、主要な要介護理由である認知症や脳血管疾患との関連や、主要な死因である虚血性心疾患等との関連が指摘されており、生活習慣病の予防や早期発見・早期治療は健康寿命の延伸に関わる重要な課題とされています。

 東和薬品、TIS、ヘルステック研究所は、ライフスタイルの変化や高齢化に伴う生活習慣病の増加といった健康課題の解決を目指すため、京都市の分析事業に参画し、産学公連携で本共同研究を実施します。

■本共同研究の概要

 ・研究期間:2021年4月〜2022年3月

 ・研究目的:PHRサービスを活用した市民の健康増進、医療の質向上を実現するための課題抽出、政策立案、行政執行に資するモデルの考察等

 ・研究内容:京都市民の生活習慣病の実態(発生状況、治療実態など)等の研究

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/612206/01_202106111033.pdf