株式会社ジール、データブリックス・ジャパン株式会社と協業し、製造業のAI活用を推進するソリューション開発で合意

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO 田中 潤、以下 ウイングアーク1st)は、アバントグループで、国内唯一のビジネスインテリジェンス/データウェアハウス専業ソリューションベンダーである株式会社ジール(以下 ジール)、世界で唯一のデータ&AI企業として統合データ分析基盤であるレイクハウス・プラットフォームを提供するDatabricks Inc.の日本法人データブリックス・ジャパン株式会社(以下 データブリックス社)と協業し、製造業のAI活用推進を目的としたソリューション開発について合意したことをお知らせします。

 当社では、業種・業務特化ソリューションを軸としたクラウド成長戦略のもと、新規事業企画部門を設立し、特定業界向け新規サービスの創出に取り組んでおり、製造業のものづくり現場をデジタルの力で効率化・高度化し、製造DXに貢献するために、製造業に向けたソリューション開発を行っております。

 今回の開発では、当社のBIダッシュボード「MotionBoard」とデータブリックス社が提供するレイクハウス・プラットフォーム上での機械学習等のAI技術を活用することで、製造業の現場において、容易に需要予測・予知保全・在庫適正化を実現するソリューション提供を目指します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【主な特徴】

・市場データを用いた需要予測からの生産計画最適化

 市場トレンドなどの外部データと、ユーザー企業の販売データなどを利用し、適切な販売量の予測により生産数量の最適化を実現。

・部品・原材料在庫管理、調達業務の適正化・効率化

 生産計画、完成品在庫数、部品・原材料在庫、仕入れリードタイムなどのデータを利用し、適切な部品・原材料在庫数と仕入れタイミングを予測することで、欠品の減少・在庫回転率最大化と業務効率化を実現。

・生産設備の故障予測からの設備停止時間削減

 温度や湿度、設備稼働時系列、アラート信号などのデータをAI活用により故障予測をし、生産設備の停止時間の減少を実現。

・AI画像認識技術を用いた自動検品

 製品不良の検品作業を、AI画像認識技術を利用し自動化をすることで、検品スタッフの経験差により差が生じていた検品品質を安定させるとともに、複雑な検品作業工程のため、困難とされている業務伝承の負担を軽減。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/612219/01_202106111116.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/612219/02_202106111116.pdf