BlackBerryとBiTECH、長安汽車の新型SUV「UNI-K」向けに、安全で信頼性の高いデジタルLCDインストルメントクラスタを共同開発

 *本リリースは、カナダ・オンタリオ州ウォータールーにおいて、現地時間2021年6月7日に発表されたプレスリリースの抄訳版です。原文はこちら(https://www.blackberry.com/us/en/company/newsroom/press-releases/2020/blackberry-and-bitech-team-up-to-build-safe-reliable-digital-lcd-instrument-cluster-for-changans-newly-launched-uni-k-suv)をご参照ください

 BlackBerry Limited(https://www.blackberry.com/us/en)(本社:カナダ オンタリオ州、CEO:ジョン・チェン、NYSE:BB、TSX:BB、以下BlackBerry)は本日、BiTECH Automotive(Wuhu)(https://www.bitech-automotive-wuhu.com/)(伯泰克汽車電子(蕪湖)有限公司)と共同開発した最新のデジタル液晶(LCD)クラスタに、BlackBerryのQNX(R)Neutrino(R)リアルタイムOS(RTOS)(https://blackberry.qnx.com/en/software-solutions/embedded-software/qnx-neutrino-rtos)が採用されたことを発表しました。このデジタルインストルメントクラスタは、長安汽車(Changan Automobile)(http://www.globalchangan.com/)が量産を開始した新型SUV「UNI-K」に搭載され、ドライバーに合わせたユーザー体験を提供するとともに、SUVのクリティカル・システムの安全性、セキュリティ、信頼性を確保します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 UNI-Kは、高度なスマート運転支援プログラムと、インタラクティブ・モニタリング・システム(IMS)を備えたスマート・コックピットを採用した、ミッドエンド/ハイエンドの新型SUVです。新型SUVのLCDデジタルインストルメントクラスタは、3つの部分で構成されます。左端には、タイヤの空気圧とドアの状態が表示されます。中央部には、走行速度、拡張現実(AR)対応のリアルビュー・ナビゲーション、マルチメディア・インターフェイス、車載の状態が表示されます。右端には、デジタル・バックミラー、タコメーター、燃料計が表示されます。LCDデジタルインストルメントクラスタに多様な情報を表示することで、ドライバーの多様なニーズに十分に応えることができます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/612287/01_202106111643.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/612287/02_202106111643.pdf