ビジネス動画編集クラウド シェアNo.1「Video BRAIN」

新機能多数の大型アップデート

 株式会社オープンエイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼 CEO:高松雄康、以下オープンエイト)が提供するビジネス動画編集クラウド2年連続トップシェア(※1)の「Video BRAIN」(ビデオブレイン)」は、動画を構成する要素ごとに出現タイミングを指定できるタイムライン機能の拡充や音声収録など、多くの新機能を追加した大型アップデートを行いました。

 ※1 デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」動画自動生成ソフトにおける動画自動生成売上高シェア (2019年度〜2020年度) https://mic-r.co.jp/mr/01930/

 *参考画像は添付の関連資料を参照

●「タイムライン機能」がオブジェクトでも利用可能に

 テキストブロックの出現と消滅のタイミングを0.1秒単位で調整できる「タイムライン機能」が拡張。静止画や動画などの素材やスタンプなどのオブジェクトと、BGMや音声機能にも設定できるようになりました。ナレーションのタイミングに合わせて効果音やアイコンを出現させるなど、より効果的な演出ができるようになりました。

●動画を編集しながらナレーションを吹き込める「音声収録」機能

 Video BRAINで動画を編集しながら、ナレーションを収録し動画へ反映できるようになりました。画面収録機能と併せて使えば、ナレーション付きマニュアル動画や説明音声付きのサービス資料動画が簡単に作成できます。

●テキストを入力するだけで音声ナレーションを自動生成できる「ナレーション生成」機能

 テキストを入力するとワンクリックで読み上げ音声が自動生成されます。アナウンサーや声優など10種類の声種から選択することができ、読み上げ速度や声の高さの調整なども簡単に設定することができます。社内研修用の資料やPRコンテンツなどに、抑揚や話速など、用途や雰囲気に応じた音声ナレーションを生成し動画へ反映することができます。

●欲しいテンプレートがすぐに見つかる「テンプレート検索」機能

 Video BRAINには様々なビジネスシーンにマッチするテンプレートが1,000種類以上備わっており、随時更新、追加されています。画角や秒数、用途など動画の基本情報に加え、イメージやテンポ、カラー等のキーワードタグを複数組み合わせて検索することができ、目的にマッチするテンプレートを素早く見つけることができます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/612311/01_202106141113.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/612311/02_202106141113.pdf