太平洋セメント3,000名のワークスタイル変革を推進

〜Notesからドリーム・アーツ製品へ移行〜

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、太平洋セメント株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:不死原 正文、以下 太平洋セメント)が、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」および大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)(スマートデービー)」を、2020年12月より導入したことを発表します。

 太平洋セメントではワークスタイル変革を目的に、旧システム(Notes/Domino)から「InsuiteX」および「SmartDB」への移行を進めています。現在は、太平洋セメント約3,000名で利用しており、今後はさらなるシナジー効果を発揮すべくグループ会社にも展開予定です。

■システムのあり方を見直し、新たなワークスタイルへと変革

 太平洋セメントは、国内セメント販売シェアトップのリーディングカンパニーです。環境の変化に合わせた柔軟な働き方と高い業務効率を実現するため、ワークスタイル変革の土台となるコミュニケーション基盤刷新を検討していました。

 これまでグループウェアは「Notes/Domino」を20年以上利用しており、2,000件ものデータベース(DB)が存在していましたが、クライアント/サーバ型ソフトウェアのため、オフィス以外からの情報共有が困難であることや、情報検索がしにくいなどの課題がありました。またPCでの閲覧を前提とした情報の表示形式であったため、スマホなど利用環境に合った表示ができず閲覧しにくいなどの課題もあり、多様な働き方を実現する情報システムの整備が求められていました。

 そこで、「InsuiteX」を業務の入り口に「会社の仕事は全部ここから」できることを構想。ポータルやワークフロー、Webデータベースなどシステム全体を見直し、今回「InsuiteX」および「SmartDB」の導入に至りました。また、同時にメールやチャットの利用でMicrosoft365も導入を決め、ドリーム・アーツ製品の豊富な連携機能により融合させて利用していきます。これにより、Notesから脱却し、現代にあわせたワークスタイルへの変革を目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/612616/01_202106171037.PNG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/612616/02_202106171037.pdf