クックパッド、横浜市営地下鉄にマートステーションを設置開始

横浜市との連携を深め、食を通した沿線地域の活性化の取り組みを加速

 クックパッド株式会社は、横浜市の交通局と食を通した横浜市及び横浜市営地下鉄沿線地域の活性化を目指して連携を開始します。まずは2021年6月17日(木)より横浜市営地下鉄のセンター南駅、センター北駅、戸塚駅の3駅へ生鮮宅配ボックス「マートステーション」を設置し、生鮮食品EC「クックパッドマート」で販売する食材の受け取りサービスを開始します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 あわせて、当社と横浜市が2020年11月に締結した連携協定に基づき、横浜市営地下鉄沿線住民の利便性向上、生産者・販売者の販売促進支援、PRなどの取り組みとして、2021年7月上旬よりクックパッドマートアプリ上で、横浜市内の生産者・販売者の魅力を伝える特集企画を実施します。

 特集では、クックパッドマートに出店する横浜市内の生産者・販売者の商品の魅力を沿線住民並びにクックパッドマート利用者に伝えることで、販売機会を創出します。

 また、今後の横浜市内のマートステーション設置の参考にするため、横浜市営地下鉄の各駅の利用者から設置希望リクエストを受け付け開始します。

【サービス開始日】

 ・センター南駅、センター北駅:2021年6月17日(木)

 ・戸塚駅:2021年6月24日(水)

【マートステーション設置場所】

 センター南駅1階 出口5(みなきたウォーク方面)付近

 センター北駅1階 出口1(みなきたウォーク方面三連エスカレーター横)付近

 戸塚駅 地下2階 改札外コンコース有人改札付近

 ●クックパッドマート公式サイト: https://cookpad-mart.com/

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/612626/01_202106171105.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/612626/02_202106171105.pdf