NECソリューションイノベータ、白浜からイノベーションを創出する「ミライ創造型共創活動」を10月に開始

〜白浜センターをオープンスペースとして地域に公開〜

 NECソリューションイノベータは、自社サテライトオフィスの白浜センター(和歌山県西牟婁郡白浜町)を活用し、白浜からイノベーションを創出する「ミライ創造型共創活動」を本年10月より開始します。

 「ミライ創造型共創活動」は、人や社会の未来を描き新たな価値の創造を目指す企業として、地域と共に地域のありたい姿をカタチにするために、企業・自治体・住民が枠を超えてそれぞれの知を融合し、地域の新たな可能性を引き出し、それをビジョンとして共有する活動です。

 本活動では、白浜センターをオープンスペースとして地域に公開し、ワークショップや共同制作などの共創プログラムを提供します。これにより、地域が持つ個性的かつ豊かな魅力と当社の強みであるデジタルテクノロジーを活かした地域発のイノベーションを創出することで、地域の新たな価値創造の実現を目指します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■背景

 NECソリューションイノベータは、総務省の「ふるさとテレワーク推進事業」の採択を受け、2016年、和歌山県の「白浜町ITビジネスオフィス」に、戦略的テレワーク・ビジネス拠点として白浜センターを開設しました。本センターは、地域における継続的な事業の遂行と、白浜町との包括連携協定に基づいた地域課題の解決に向けた取り組みを推進してきました。

 これらの活動を通じて、白浜の魅力と共に、未だ多く存在する潜在的な課題に直接触れてきたことを踏まえ、地域に根差した拠点として、白浜の特色を活かしたイノベーションの創出を加速するため、「ミライ創造型共創活動」を開始することにしました。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/612628/01_202106171111.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/612628/02_202106171111.pdf