リコー様の沼津事業所において、スマートファクトリー化によるリモート工場管理を実現

「COLMINA工場最適化ダッシュボード」導入により、ニューノーマル時代のデジタルトランスフォーメーションを加速

 当社は、株式会社リコー(本社:東京都大田区 代表取締役:山下 良則、以下、リコー)様の沼津事業所(所在地:静岡県沼津市)と、工場の生産状況を可視化する工場全体生産状況可視化システムを共同開発しました。リコー様は、2021年6月より、沼津業所内の重合トナー(注1)を生産するケミカル工場において本稼働を開始しています。

 工場全体生産状況可視化システムは、当社の工場可視化ソリューション「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA工場最適化ダッシュボード」(注2)(以下、「COLMINA 工場最適化ダッシュボード」)を活用し、ケミカル工場における生産情報をリアルタイムに収集、加工することで工場全体の生産状況を俯瞰して可視化します。さらに、スマートフォンやタブレットなどと連携することで、いつでもどこでも工場の稼働状況や品質変化が閲覧でき、設備異常や品質不良防止への対応を迅速に行えるリモート工場管理が可能となります。

 リコー様は今後、工場全体生産状況可視化システムを他事業所へも展開する予定です。当社は、リコー様の生産現場におけるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)への取り組みを支援していきます。

■背景

 リコー様では、沼津事業所を化成品の研究・開発・生産拠点として、重合トナーやインクなどの画像形成用サプライ製品、サーマル(注3)製品の研究開発から製造、次世代太陽電池や新素材などの新規事業開発を行っています。そのうち重合トナーを生産するケミカル工場では、広大な工場敷地内で製品がタンク、配管や加工機内を流れており、外観からは状況がわからないため、設備センサーやサンプリング検査などの情報により製品の状態を把握しています。膨大な設備センサーからの情報に対して、少人数の生産現場の現場作業者で安全に管理、対応していくためには、現場作業者にいかに迅速かつ直観的に工場の稼働状況を伝達し、安全操業と品質確保を実現するかが課題となっていました。また、昨今の新型コロナウイルス禍で、現場管理者が現場に行けない状況も発生する中、ニューノーマル時代のワークスタイルについても模索してきました。

 こうした状況の中、リコー様の沼津事業所内のケミカル工場のコンセプトである「“はたらく”をよりスマートに」のもと、リコー様の沼津事業所と当社は、2020年9月より、ケミカル工場のスピーディかつ安全なリモート工場管理を支援する工場全体生産状況可視化システムの共同開発に取り組み、2021年6月より本稼働を開始しました。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/612822/01_202106211038.pdf