凸版印刷、認知症体験VRの新コンテンツ「運転編」を販売開始

認知機能に障がいがある場合の運転を当事者目線で疑似体験が可能

コンテンツ拡充により認知症の正しい理解を推進

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、VRを使い認知症体験ができる「認知症体験 VR」を、2020年5月から提供しています(本人体験編、業務応対編)。

 このたび、軽度認知障がい(※1)のドライバーによる交差点の右折と車庫入れの2つの運転体験が可能な新しいコンテンツ「運転編」を開発。6月14日より、自動車関連業を中心にサービス提供を開始しています。

 「運転編」では、社会的にも問題となっている認知機能が低下した高齢者運転をテーマに新規コンテンツを開発。認知機能に障がいが認められる方の当事者目線で、注意が必要とされる2つの運転シーンをVRで疑似体験することが可能です。運転を行う際の認知機能障がいに対する正しい理解を促し、安全で安心な社会実現に向けた啓発・学習ツールです。

 「認知症体験 VR」は、スマートフォンアプリからオリジナルの識別マーカーを読み込み、スマートフォンを紙製組み立て式の「VRscope(R)」(※2)にセットして使用します。

 *参考画像(1)は添付の関連資料を参照

■新コンテンツ開発の背景

 国内の認知症患者数は、推計で2015年に500万人を超え、65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症と言われています。また、2025年には5人に1人が認知症になるとも見込まれており(※3)、高齢化に伴う認知症患者の増加への取り組みが課題となっています。そのような中で高齢運転者に関しては、累次にわたる道路交通法の改正が行われ、加齢に伴う身体機能や認知機能の低下を踏まえた対策の強化が実施されています。

 凸版印刷はこれまでも、簡便に認知症を体験し、学習できるサービス「認知症体験 VR」を提供してきましたが、今回は、このスキームを活用して、認知機能が低下した高齢運転者をテーマにコンテンツを制作。

高齢の運転ドライバーが増えていく中でこうした認知機能低下について、本人ではなかなか気付きづらい危険な運転シーンをVRならではの没入感で体験し、改めて運転について考える機会の提供と正しい理解を通じて、安全で安心な社会の実現を支援します。

 *参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/613870/01_202107051043.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/613870/02_202107051043.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/613870/03_202107051043.pdf