サーバーワークス、エクレクトと協業しAWSとZendeskによる次世代型コンタクトセンターサービスを2021年度内に拡充予定

複数チャネルによる顧客接点の運用効率化からコスト削減まで一括提案

 アマゾンウェブサービス(AWS)のAWSパートナーネットワーク(APN)(※)プレミアコンサルティングパートナーである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石良、以下:サーバーワークス)は、Zendeskのアジア・パシフィックにおいてReseller PartnerとImplementation Partnerの両面で、唯一 Master Partnerに格付けされている株式会社エクレクト(東京都世田谷区、代表取締役:辻本真大、以下:エクレクト)と、2021年7月21日(水)に協業を開始いたします。

 これによりAWSのクラウド型コンタクトセンターサービスであるAmazon Connectを中心とした次世代コンタクトセンターサービスを2021年度内に拡充いたします。

◆協業の目的

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、断続的に人流抑制や店舗休業といった対策が求められており、金融、流通小売業などを中心にオンライン上における顧客接点の開拓・拡大が急務となっています。

 消費者が利用するコミュニケーション手段は多様化しており、旧来の電話とメールだけではなく、チャットやLINE等の新しいチャネルへの対応は推進されてきましたが、チャネルごとに個別運用が必要となるため企業内で効率的な一括管理が難しく、運用や人材確保が必要といった課題がありました。昨今、国内外で導入が進むクラウドベースのカスタマーサービスソフトウェア「Zendesk」は、電話、メール、WEBフォーム、SNSやチャットなど複数チャネルでのカスタマーサーポートを統合管理できるプラットフォームとして、このような課題解決を担っています。

 実際に金融業や小売業を中心に「Zendesk」への問い合わせや導入数も年々増加しています。

 Zendeskのパートナーであるエクレクトは、Zendeskの導入や周辺システムの開発において、国内随一のノウハウと実績を保持している日本の企業です。Zendeskパートナーとして、グローバルから「APAC Partner of the Year2020」並びに、アジア・パシフィックリージョンにて「TOP Performing Partner」を受賞しています。

 AWSが提供するAmazon Connectは、オムニチャネルに対応するコンタクトセンターを構築できるクラウドサービスであり、コンタクトセンターに対する顧客のエクスペリエンスを向上させます。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615062/01_202107211040.pdf