リプレース時の業務負担を軽減する、法人NAS「TeraStation(テラステーション)」向けの「データ移行機能」が対応範囲を拡大

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループ中核企業の株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:牧 寛之、以下バッファロー)は、法人向け管理者機能付きNAS「TeraStation(テラステーション)」シリーズを対象とした、「データ移行機能」のアップデーターの提供を2021年7月20日(火)に開始しました。

 本アップデートにより、これまでLinuxモデルのTeraStation同士のみに対応しておりました、「データ移行機能」がWindowsモデルの「TeraStation WSS」からの移行にも対応となります。さらに、他社製NAS(※1)からのデータ移行にも対応し、TeraStationをご利用されていない場合でも、リプレースにかかる作業負荷を軽減することができます。

 また、リモート管理サービス「キキNavi」と連携することで、インターネット経由で移行完了やエラー情報の確認が可能となり、データ移行完了を訪問前に把握することができます。さらにスケジュール設定により、大量データの移行で営業日をまたぐような場合でも曜日・時間を指定してデータ移行を一時停止・再開する設定が可能です。

 別冊でNAS移行専用マニュアルも公開しており、マニュアルに従うだけで移行開始〜結果の確認まで行えます。

 ※1 移行元のNASがSMBv1以上に対応している必要があります。

■対象商品

 「TeraStation」 TS6000シリーズ、TS5010/TS3010/TS3020シリーズ

■ファームウェアアップデーター

 「TeraStation」 TS6000シリーズ ファームウェア アップデーター (Windows https://www.buffalo.jp/support/download/detail/?dl_contents_id=62094 /Mac https://www.buffalo.jp/support/download/detail/?dl_contents_id=62095)

 「TeraStation」 TS5010/3010/3020シリーズ ファームウェア アップデーター(Windows https://www.buffalo.jp/support/download/detail/?dl_contents_id=60778 /Mac https://www.buffalo.jp/support/download/detail/?dl_contents_id=60779)

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615072/01_202107211108.pdf