金融機関向け対外接続クラウドサービスを今秋提供予定

ATM連携など各種センター接続をトータルかつ早期に実現

 セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、銀行や資金移動事業者をはじめとする金融機関向けに対外接続クラウドサービスを2021年秋以降に提供開始します。

 改正資金決済法の施行などにより、送金サービスの活性化が見込まれる中、各種金融機関においては、他行ATM連携など対外センターと接続する新サービスの検討が増えてくることが予想されます。一方で、対外センターとの接続を前提としたサービスをタイムリーに提供したい企業にとっては、勘定系などのシステム連携や各センターとの調整に期間を要することが大きな課題となっています。

 また、新型コロナウイルスによる外出自粛の影響により、より一層クラウドサービスやホスティングサービスへのニーズが高まっており、ニューノーマルに対応したシステム構築も急務となっています。

 セイコーソリューションズでは、1996年にカード自動決済パッケージ「CAPSシリーズ( https://www.seiko-sol.co.jp/products/caps/ )」を発売して以来、約25年にわたり、200社以上の企業へCAFIS、ANSER、統合ATMセンターなどの対外センターとの接続ゲートウェイを構築してきました。今回、これらの豊富な実績とノウハウを基に、ハードウエアを含めてサービス展開することで、対外センターとのゲートウェイ基盤の早期構築を可能にします。さらに、セキュリティ面においては、お客さま専用にシステムを提供するため、安全に運用できるほか、個別のセキュリティ要件に対しても柔軟な対応が可能です。ひいてはお客さまの新規サービスの早期リリースに貢献するとともに、安定したシステム稼働でお客さまのサービス運用を支えます。

【サービスイメージ】

 *添付の関連資料を参照

【導入のメリット】

■お客さまの運用負担を軽減

 ハードウエアを含めたサービスを提供。ゲートウェイのメンテナンス、保守はセイコーソリューションズが実施します。

■日本国内での安定稼働を実現

 本サービスにて各対外センターの専用ルーターのお預かり、設置なども可能。また、災対環境の構築なども可能で、安定したシステム稼働を実現します。

■早期サービスリリースの実現

 対外センターとの調整はセイコーソリューションズにてサポートします。勘定系ホスト側の改修を軽減し、早期サービスリリースを実現。お客さま個別の要件にも柔軟に対応します。

 ※本文中に記載されている製品名などは各社の登録商標または商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

【サービスイメージ】

https://release.nikkei.co.jp/attach/615112/01_202107211433.JPG